愛の証として、多くのカップルはキリスト教会での挙式で結婚指輪の交換を行います。
結婚指輪
は、

「二人の愛の誓いの大切な証、永遠に途切れる事のない愛情」

「私は結婚していて、大切なパートナーがいます」

と周りに知らせるためのものでもあります。

スポンサーリンク

※結婚指輪については、こちらの記事

婚約指輪と結婚指輪の違いは?どうして2つ贈るの?
でも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

しかし、様々な事情で結婚指輪交換を行わずに結婚をした夫婦も中にはいる事でしょう。

結婚当時はまだ若く購入資金がなかったり、授かり婚で急に結婚が決まったり・・・。

しかし、結婚生活も徐々に落ち着いてくると、気になるものです!
女性としてはやはり結婚指輪が欲しい!と思ってきますよね。

結婚当時は、余裕もなくなんとなく指輪はいらないと思っていて結婚指輪ナシで結婚したものの、数年たった今、結婚指輪についてどう思っているのか妻の本音を調査してみました。

結婚指輪はいらないという女性の本音は?

やはり多くの奥様は

当時はいらないと遠慮してしまったが
やっぱり欲しい・・・

という意見が多くみられましたが

結婚当時に指輪を購入しなかった奥様方の本音を見てみましょう。

結婚後、羨ましく思うようになった

結婚当時は指輪にお金をかけるなら、家具や生活にお金をかけた方がよいと思い、お互い納得した上で指輪を
購入しませんでしたが、落ち着いてきた今、周りの友達は皆指輪をつけているので羨ましく思うようになってきました。

結婚指輪は高価な物だと思っていましたが、お手頃な価格の物もあると聞いたので、夫に買ってもらえないか
お願いしてみます。

9297bf598d9ae7db89befa74f24538fc_s

欲しいけれど好みのデザインが無い

夫と出会ってからすぐに結婚したため、結婚指輪を探す暇もなくこだわりがなかったため、結婚式も挙げませんでした。

夫は仕事柄指輪をつけていられず、私自身もあまり指輪を着ける事は好きではありません。

最近、友達がつけているのを見て結婚指輪もいいな、買いたいなと思ってきましたがいまだなかなか好みのデザインに出会えず買わずにいます。

特に必要だとは思わない

授かり婚で結婚式も行わなかったので結婚指輪を買う必要もなく、出産を終え、落ち着いてから購入しようと考えていました。

しかし、育児は思った以上に忙しく主人も仕事柄指輪を着ける事ができないし私自身も水仕事が多く指輪はつけないほうが楽です。

そうしながら8年たった今でも結婚指輪を欲しいと思うことはありません。

記念日に結婚指輪の代わりの指輪を買ってもらった

結婚当時はまだ二人とも若く、指輪を買う余裕がありませんでした。

当時、指輪の代わりにお揃いの時計を買いそれを指輪代わりにしようということになったのです。

当時は指輪に関して全く不満はありませんでしたが、だんだん歳を重ねるにつれて年相応の指輪にも興味を持ってきたため結婚15年たった今、主人に結婚指輪の代わりにダイヤの指輪を買ってもらいました。

88f368aab42f22f87e84b56ebbc11aed_s

 

などなど・・・それぞれでいろんな事情があるのですね。結婚当初と比べて年月を経ると
いろいろと考えも変わってくるのも分かる気がします。

また、こちらの記事では
・婚約指輪はいらないって…本音はどうなの?代わりは必要?
婚約指輪に対しても調べてみましたので気になる方は合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク

まとめ

結婚当初は、色々な理由で購入しなかった結婚指輪。

中には、アクセサリー自体着ける事があまり好きではなかったり、夫も仕事柄つけられない方もいます。

しかし、結婚生活も落ち着いてくる頃結婚指輪を欲しいと思う妻が多いようですね。

購入するお金がなかった、忙しくて買う時間が無かった方は結婚の節目の記念の年に新たな気持ちで結婚指輪を
買うのも良いかもしれませんね。

これからも、私が実際に体験したこと、知らずにいて「へ~!」と思ったことを忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも役に立ちましたらこちらをポチッと押してもえらえると嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事