愛の形をあらわすものとして、
結婚指輪はとても大切なものですよね。

スポンサーリンク

今の時代では結婚すると結婚指輪を用意して、夫婦ともにつけることが
当たり前ですが、一体いつから結婚指輪の風習が始まったのでしょうか?

今回は結婚指輪の本当の意味や始まった歴史について調べてみました。

結婚指輪の本当の意味とは?

341d58c8f5210eac2b2e48151e2870a0_s

結婚指輪(マリッジリング)とは結婚した証として、夫婦が共に身につけるペアリングの事です。

現在、結婚指輪はキリスト教式の挙式の中で二人で指輪交換をしますが、人前式や神前式でも指輪交換をするカップルは多くいます。

結婚指輪を身に着ける意味とは?

なぜ、結婚すると結婚指輪を贈り合い、身につけるのでしょうか?

それは、二人の愛の誓いの大切な証であるという意味と

「私は結婚していて、大切なパートナーがいます」

と周りに知らせるためでもあります。

スポンサーリンク

日本における結婚指輪の歴史

日本に広まったのはいつ?


(引用→http://k-kabegami.sakura.ne.jp/eikandou2/5.html)

日本で結婚指輪の風習が入ってきたのは、明治時代だと言われています。

キリスト教式の教会では指輪の交換が行われ、明治時代の終わり頃には結婚指輪の広告も見られるようになっていました。

しっかり定着したのは日本の生活様式が大きく変わり、西洋化し始めた第二次大戦後のようです。

この頃から欧米風の結婚式も広まったそうです。

日本での結婚指輪の歴史は、明治時代の文明開化の流れの中で起こったようですね。

婚約指輪の定着は日本の高度経済成長時代

結婚指輪は明治時代から知られるようになりましたが、婚約指輪はどうでしょうか?

実は、婚約指輪が日本で定着したのは昭和30年代と結婚指輪よりもかなり後です。

この頃から、ダイヤモンドの婚約指輪が一般化し始めました。

昭和40年代にはダイヤモンド供給会社のキャンペーンにより、それが一気に定着したと言われています。

結婚指輪と婚約指輪の歴史もこんな風に比較してみるとおもしろいものですね。

そもそも結婚指輪をつける風習はいつから始まったの?

結婚指輪の始まりは、紀元前のヨーロッパからと言われています。

当初は、結婚指輪は鉄で作られていましたが、時代と共に、金と素材が変わっていき現在でも欧米では金の結婚指輪が一般的です。

結婚指輪の起源はローマ時代


(引用→https://tabinaka.co.jp/tour/3384)

指輪の「起源」については色んな説があると言われています。

まず、神秘的な話が多数出てくるリシア神話には、ゼウスを怒らせてしまったプロメテウスが、その罰で鉄の指輪をつけさせられるという話が出てきます。

ギリシャ神話ができたのは紀元前15世紀頃、文化的にまとまったのは紀元前8世紀頃と言われているので、このことから考えると、すごく昔から「指輪」というものがあったのだ、ということが分かります。

しかし、今のような形で結婚指輪を贈り合われるようになったのは、紀元前1世紀頃、古代ローマ時代と言われています。とは言っても、この当時は今のように愛の証としてロマンチックにに贈り合われていたわけではありませんでした。

実は、当時の結婚は、女性が男性側に買われる、いわば「売買婚(ばいしゅんこん)」というものでした。そのため、指輪は花嫁の父親に「お金を払った証」として渡されるものだったと言われています。

何だか、今現在私たちが持っている結婚指輪についての概念とはかけ離れてはいますが、古くから結婚するカップルの間で指輪を贈るという形式があったということが分かりますね。

結婚指輪の起源

売買婚」の証として贈りられていた結婚指輪ですが、時代が移り変わるにつれて、それが持つ意味が少しずつ変化してきました。だんだんと、結婚することがお互いの愛のや「絆の象徴として見られるようにもなってきました。

そんな中、9世紀にローマ教皇ニコラウス一世という人が、結婚指輪を最初に着用した人として知られるようになり、それから次第に結婚指輪をしていることが結婚の証であるとみられるようになっていきました。

それ以降、まずは貴族を中心にその風習や習慣が広まるようになり、次第に一般市民にも受け入れられるようになった、と言われています。最初は、ローマの貴族から始まった習わしだったんですね。とても興味深いです。

指輪の交換はいつから?


(引用→https://www.trecenti.com/special/column/?p=80)

指輪の交換は11世紀頃から

ローマでは9世紀頃から始まった結婚指輪を身に着けるという風習ですが、実際にカップル同士で結婚指輪を交換し合う習慣が生まれたのは11世紀頃からと言われています。

その当時は、花婿が花嫁に金の指輪を、花嫁が花婿に鉄の指輪を贈るという形で浸透しました。

この頃から、今現在の結婚指輪の意味合いに近い形となったとされています。その後、この指輪の交換は庶民の間へも普及していき、13世紀のヨーロッパでは一般化したと言われています。

最初は「売買婚」の証だった結婚指輪が、数世紀の時間をかけて少しずつ愛の象徴として受け入れられ、その風習が現在まで続いていると思うと、何だかおもしろいですね。

指輪のそもそもの起源とは?

ここまで、結婚指輪の起源と歴史について紹介してきましたが、そもそも、指輪をつけること自体の起源とは何なのでしょうか?

この指輪をつける起源についても色んな説がありますが、その中でもおもしろいのが指輪を災いを防ぐ魔よけとして使うというものです。

古代アニミズムの時代つまり、生物無機物問わず、すべてのものに霊魂が宿っているという考え方の時代、指輪には霊力があると信じられており、魔よけの力が宿っているとされていました

事実、古代エジプトやギリシャでは色んなモチーフを持つ指輪が魔よけとして使われていたことが記録に残っています。

国や地域によってもその意味や使い方は異なりますが、指輪には色んな起源があるようですね。

まとめ

ここまで、結婚指輪の由来と意味、歴史をまとめてきましたが、いかがでしたか?結婚式を間近に控え、どの指輪にしようかと迷っている人も多いかと思います。

自分とパートナーにぴったりの結婚指輪を選ぶためにも、その由来や歴史をしっかり知ることは指輪選びにも非常に役立つと思います。

あなたにピッタリの結婚指輪が見つかることを祈っています。是非、参考にしてみてください。

これからも、私が実際に体験したこと、知らずにいて「へ~!」と思ったことを忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも役に立ちましたらこちらをポチッと押してもえらえると嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事