愛の形をあらわすものとして、
結婚指輪はとても大切なものですよね。

スポンサーリンク

今の時代では結婚すると
結婚指輪を用意して、
夫婦ともにつけることが
当たり前ですが、
一体いつから結婚指輪の風習が
始まったのでしょうか?

今回は結婚指輪の本当の意味や
始まった歴史について調べてみました。

結婚指輪の本当の意味とは?

341d58c8f5210eac2b2e48151e2870a0_s

結婚指輪(マリッジリング)とは
結婚した証として、
夫婦が共に身につける
ペアリングの事です。

現在、結婚指輪は
キリスト教式の挙式の中で
二人で指輪交換をしますが、
人前式や神前式でも
指輪交換をする
カップルは多くいます。

結婚指輪を身に着ける意味とは?

なぜ、結婚すると
結婚指輪を贈り合い、
身につけるのでしょうか?

それは、二人の愛の誓い
大切な証であるという意味と

「私は結婚していて、
大切なパートナーがいます」

と周りに知らせるためでもあります。

スポンサーリンク

結婚指輪をつける風習はいつから始まったの?

結婚指輪の始まりは、
紀元前のヨーロッパから
と言われています。

当初は、結婚指輪は
鉄で作られていましたが、
時代と共に、金と素材が変わっていき
現在でも欧米では
金の結婚指輪が一般的です。

日本に広まったのはいつ?

日本にも広がり始めたのは
明治時代ですが、
定着したのは日本の
生活様式が大きく変わり、
西洋化し始めた
第二次大戦後のようです。

この頃から欧米風の結婚式も
広まったそうです。

77b07f05910ab22ed1a70e4cf083a492_s

結婚指輪は毎日するの?

基本的には毎日指輪を
身につけて生活をします。

結婚指輪のデザインは
常に身につける場合が多いため、
生活にあまり邪魔にならないような
シンプルなものが主流です。

最近では、
指輪の内側に結婚記念日
イニシャルなどの記念の文字を
刻印するサービスがあります。

有料で誕生石をつけたり、
二人だけのリングを作れる
様々なデザインがあるようです。

指輪がなぜ結婚の証なの?

指輪が愛の証として使われるのは、
指輪はですよね?

円は終わりのないもの
という意味を持ち、
切れ目のない輪の形は永遠
の意味を持っています。

円い結婚指輪
永遠に途切れる事のない愛情
象徴しています。

ちなみに結婚指輪といえば
左手の薬指にはめるものですよね。
なぜ左手の薬指なのか
疑問に思ったことはありませんか?

結婚指輪はなぜ左手の薬指にするの?その意外な意味とは!
こちらの記事ではその意味について
詳しくまとめましたので
ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

一生の一度の運命の人に出会い、
愛し合って夫婦になった
この先もずっとその想いが
変わらないようにとの願いを込めて、
結婚指輪を交換するのですね。

挙式で大勢の人の前で
交換する結婚指輪ですから、
より二人の絆が深くなり
心と心を強く結んでくれることでしょう。

結婚後、喧嘩など
うまくいかない時期が
来るかもしれませんが、
結婚指輪を見てまた初心を思い出すと
良いかもしれませんね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事