結納金に縁起物の品々を加えた
結納品の中の一つとして、
準備する受書

受書はこれらの結納品の内容を列挙し、
これらの結納品を
確かに受け取りましたと
書き記した物で、
受領書のようなものとして
相手側に渡す一覧表です。

スポンサーリンク

受書は、縁起の良い言葉で
書かれています。

それでは受書
誰が準備し、
どのように書けばよいのでしょうか?

今回は受書について、
書き方や準備すべき事について
調べてみました。

受書は誰が準備するの?

本来は結納品を頂く女性側が
受書を結納式の場で筆書きするものです。

しかし、最近では結納式の当日に
書くケースは少なくなり、
受書には結納品を列挙するため、
事前に結納品の内容を把握している
男性側が結納品と共に
受書も用意する場合が多いようです。

このような場合は、
女性側は結納品の内容を確認し、
捺印してから男性側にお返しする
こととなります。

本来は女性側が準備し、
受け取りましたとサインするものですが、
最近のスタイルでは準備がしやすく、
結納当日もスムーズに行えそうですね。

結納品を準備する際も、
結納パックと言うものが販売されており
そちらに受書も含まれている場合が多く、
代筆も含め、
こちらを利用すると便利ですね。

スポンサーリンク

受書はどんなもの?

ukesho_kantou_01
[引用元:http://www.yuinou-center.co.jp/]
受書には大きく
関東式関西式があります。

関東式

関東式は白地に墨で表書きをした
シンプルなものです。

また、関東式では男性側と女性側が
それぞれ結納品を交わすため、
双方が受書を準備して渡します。

関西式

関西式では表書きはなく
棒書紙の色がのものが男性用
赤いものが女性用になっています。

関西式では男性側のみが
結納品を贈るため、
受書は結納品をもらった
女性側だけが準備します。

受書の書き方は?

ukesyo_c_img_1
[引用元:http://www.yuinouyasan.com/tips/ukesyo.html]
受書には結納品の
品目が書かれています。
品目の後には、
「右の通り幾久しく敷目(芽)出度く
(いくひさしくめでたく)
受納致しました」
と書き添えます。

なかなか現代では
使い慣れない言葉を
用いる部分も多いようですね。

まとめ

結納式当日を最もスムーズに
進行させるために、
結納品を把握している受書は
男性側が準備しておくようです。

そして本来は当日に
女性側が書き記すものですが、
事前に女性に渡しておくと
当日スムーズに進みますね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事