婚約式・結婚式などの
おめでたい行事は大安がよい、
お葬式は友引きを避けた方が良いなど、
冠婚葬祭の際は、
六輝(六曜)を考えて
日取りを決めますよね?

スポンサーリンク

  • 先勝
  • 友引
  • 先負
  • 仏滅
  • 大安
  • 赤口

の6種類を六輝(六曜)と呼びます。
カレンダーにも書いてありますし、
言葉は見たり聞いた事があっても
あなたはこれらの意味を
知っていますか?

そして結納や結婚式は本当に大安に日に
行った方がよいのでしょうか?

今回は六輝(六曜)について
調べてみましたので、
是非参考にしてくださいね。

六輝(六曜)って何?

暦注の一つで、
先勝
友引
先負
仏滅
大安
赤口
というお日柄の事を言います。
六輝(六曜)は今からさかのぼり、
平安時代に中国から伝わってきた
占いをもとに日本に広まり、
昔は現在の曜日のようなものだった
と言われています。

それが江戸時代になると、
曜日から吉凶を意味するものとなり
その中でも吉である大安に
おめでたい行事を行う習慣となりました。

スポンサーリンク

六耀(六曜)の意味は?

六輝(六曜)それぞれの意味を
良い順からご紹介します。

大安(たいあん・だいあん)

大いに安しの意味。
六輝の中で最も吉日の日とされ、
結納や結婚式はこの日に
されることが多いです。
式場の予約は激戦日です!
早いうちに予約しましょう。

a478b88eec1bd6570dfb1262c170e3c2_s

 

友引(ともびき)

字の通り、友を引くということで、
婚礼などに良い日とされています。
午前、夕方、夜
されていますが、
とされています。
一般には大安に次ぐ良い日とされ
幸せのおすそ分けという意味があり、
披露宴の引き出物を発送する人もいます。
ただし、お葬式だけは避けましょう。

先勝(さきがち)

こちらも字の通り、
先んずれば勝つということで
午前中
午後とされています。
万事に急ぐ事が良い
とされていますので、
午前中にお祝事をする場合が多いです。

5884a332c618ad54220221a365d0c15f_s

先負(さきまけ)

先勝とは逆で、
先んずれば負けということで
何事も急がずに慌てないよう、
控えめが吉とされています。

午前中
午後とされていますので、
お祝事は午後から行うのがよいでしょう。

赤口(しゃっこう)

午前11時頃~午後1時頃までのみ
とされ、それ以外は凶とされ厄日
お祝の行事や新規の事は
慎むべき日とされています。

仏滅(ぶつめつ)

六曜の中で最も凶日で、
何事も慎むべき日とされています。
また、物滅として物を失う
という意味もあります。
もちろんお祝の行事などは慎みましょう。
しかし、逆に仏滅の日は
式場など空いていますから
仏滅プランとして割引サービスを
行っている式場もあります。

まとめ

このような、
六曜の一つ一つの正しい意味を
今回私も初めて知りました。
意味を知ると、
やはり結納や結婚式などのお祝事は
大安に行いたいですね。

また、それぞれで意外と時間に
細かい部分も驚きました。

しかし、仏滅の日を利用して
費用を抑える・・・ということも可能です。
あなたは、吉日を選びますか?
費用を安く抑えますか?

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事