結納は地域で違う?関東式、関西式の違いとは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

結婚の約束をした証として、
両家の間で金品を取り交わし
婚約を確かなものにする
伝統的な儀式である結納

結婚する二人の出身地が異なる場合
どちらの風習に合わせれば良いの?
結納の儀式に違いはあるの?

Sponsored Link

伝統的な儀式である結納のスタイルは、
地域ごとの風習や家のしきたりにより
かなりの違いがあります。

まずはお互いの出身地のスタイルや
両家の風習しきたりを聞いて
確認することが大事です。

今回は、地域によって違う
結納のスタイルについてご紹介します。

「関東式」と「関西式」

結納は大きく
「関東式」「関西式」
に分けられます。

簡単に言うと、
関東式
お互いに結納品を交わします。

関西式は男性が女性に贈るもので、
女性からの結納品はありません。

ではそれぞれについて、
詳しく特色を見てみましょう。

関東式

0_900520
[引用元:http://www.yuinouyasan.com/]
関東式では男女の立場が同格扱い、
または女性を一段下とみなし
男女ともに結納品を用意し、
同時に取り交わします。

結納に用意する正式な品数は9品となり
7品5品と略す場合もあります。

そして、結納金については
女性側は男性から
もらった額の半額にあたる物を返す
半返しを必ず行います。

東京を中心とした
関東全般の基本の結納のスタイルです。

また、北海道から、東北静岡沖縄
このスタイルです。

Sponsored Link



関西式

3_320240
[引用元:http://www.yuinouyasan.com/]
関西式では男性側のみが女性側に
結納品を贈ります。

関東式では女性側が
半返しをするのに対し、
関西式ではしないのが一般的です。

その代わりに、
女性は日を改めて結納金の1割程度を
家族のお土産として持参します

こちらも結納に用意する
正式な品数は9品です。

目録は品目に数えませんので
注意してください。

関西では派手なタイプの
結納飾りが好まれます。

大阪を中心とした関西全般
結納のスタイルです。

中国・九州・東海地方
このスタイルです。

結納についてもっと詳しく知りたい方は
ぜひ下記の記事も合わせて
ご覧くださいね。

まとめ

この他にも
東海地方・四国・中国地方・九州
でも独特なスタイルがあるようです。

結婚する二人の出身地が関東と関西と
異なる場合はどうしたらよいのでしょう?

本来は男性側の地域に合わせ、
結納品を贈っていましたが
結納は婚約者に対しての
気持ちが大事なので
相手に喜んでいただくという考えを踏まえ
準備するとよいかもしれませんね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら