結納をする?しない?誰が決める?結納はしなくても良い?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

めでたくプロポーズを受け入れられたら、
次は彼女の両親への挨拶結納
結婚への準備が進んでいきます。

結婚することにより、
両家が親類となって結びつく事を
お祝し、贈り物を納め合う
昔から伝わる
伝統的な儀式である結納

Sponsored Link

しかし、彼から結納はできない・・・
と言われた場合、
あなたならどうしますか?

結納をするのは当然!
と考える人もいれば、
特にこだわりをもたない人もいます。
結納をするかしないかは本来、
誰が決めるのでしょうか?

今回は最近の結納の
スタイルについて調べてみました。

結納をしなくても、常識的にOKなの?

a54d64f7b3dfd23a53d264a98a51a532_s
最近のアンケート結果によると、
結納を行わないカップル75%
という結果になりました。

この結果からもわかる通り、
結納の儀式を行わずに
結婚をするケースが増えています。

なので、結納をしないことが
マナー違反なのか否かは
あまり考えなくても
よいのかもしれませんね。

結納をするかどうか、何を基準に決めるべき?

結納とは結婚する二つの家が
新たな親族となるために
男性側の家族が女性のもとへ
酒肴を持ってお祝いをし、
女性側は料理を出して
おもてなしをする風習があります。

Sponsored Link



このような伝統的な結納はここ最近、
簡略化するようになってきました。

しかし地域によっては結納をする事が
あたりまえと考える所もあるようです。

結納をするかしないかについては
双方の家の伝統、地域
結婚する二人とその両親の意見
を大事に決めるとよいでしょう。

結納をするかしないかは誰が決めるの?

Print

結納をするかしないかを決めるのは、
昔は男性側の家長が
絶対的な決定権を持っていました。

しかし、時代もかわり、
簡略化されてきているので
現代では結婚する二人の意見を中心
決める事が多いようです。

万が一、片方が一方的に
強引に進めてもいけないので、
結納について二人だけではなく
両家の両親の意見を
取り入れて決めるといいですね。

コチラの記事では
実際の結納をしない人の割合や
理由についてまとめてみました。
結納をしない割合はどれくらい?その理由は?

ぜひ参考に覗いてみてください。

まとめ

結納を行うと言う事は
金銭面での負担も大きくなることから
結納を行う場合でも最近は費用を抑え、
簡略化結納が増えてきているようです。

結納をしないで、
顔合わせのお食事会をする
スタイルが一般化してきています。

結納をしない場合でも、
きちんと結婚のけじめをつける
という意味や結婚へのプロセスとして
二人にとって結納にかわる
一番良い形の儀式を行うと
良いかもしれませんね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら