結婚することにより
両家が親類となって結びつく事をお祝し、
贈り物を納め合う昔から伝わる
伝統的な儀式である結納

スポンサーリンク

結納の際に、
縁起物としての意味がこもる
様々な結納品を納め合います。
その中の一つとして、
「小袖料」
「御帯料」と表書きされた
金封に現金を包んで、
結納金として女性側に贈ります。

男性から女性に贈る結納金
一体どのくらいを包むのが
一般的なのでしょうか?

お金のことに関しては
なかなか聞けなかったり、
分からないことが多いですよね?

そんな結納金について
今回はご紹介しようと思います。

結納金とは?

kinp1
[引用元:http://www.seiyouen.com/yuinou.html]
結納金とは、
嫁入りに必要な支度金としての意味を持ち
最近では結婚式の資金として使ったり、
生活する上で必要な家具や家電など、
新居の準備に使う事が多いようです。

また、婚約記念の贈り物としての
意味から結納金の金額を抑えたり、
もしくは、結納金は無しにして、
かわりに婚約指輪を
贈るケースが増えています。

スポンサーリンク

結納金の相場は?

43504fc907a8171fb66039f02a0f2ec5_s
結納金には稼ぐ際の
支度金的な意味合いが強く、
西高東低となっています。
しかし、結納金には
金額が決められている
わけではないのです。
一般的には
男性の給料の2~3カ月分
と言われており、
50万~100万くらいが
相場と言えるでしょう。

金額は100万・200万などの
きりの良い金額か、
50万・70万などの奇数
するのが一派的です。
また、80万末広がり
イメージして良いでしょう。

用意するときに気をつけること

実際に「結納金」を用意するとき、
どのようなことを気を付けておけば
良いのでしょうか?

慎重に気を付けておくことは
大事なことですよね。

地域によって異なる

金額は地域によっても異なります。

贈り物によっても異なりますので
無理のないよう、
経済力の範囲内で
できるように考えて、
両家の両親とも
よく話し合って決めましょう。

結納金の金額は男性側が決める!

間違っても
男性側から女性側に対して、
金額の相談をしたり、
結納金をなしにしてもよいか?

などの相談はしないでくださいね。

希望を聞かれても女性側は
なかなか言えないものです。

結納金の金額は
必ず男性側で決めましょう。

まとめ

結納金の意味や使い道も
カップルそれぞれの
考え方があるのですね。
最近では結納金を
無しにする・お返しをなしにする
というケースも増えているようです。

二人で結婚の準備を進めている場合は
無理なく自分達ができる範囲内で、
両家両親が関わっている場合は
多少まとまった金額を用意する
という傾向があります。

結納は地域性が
かなりあるようなので、
事前にしっかり相談して決めましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事