ウェディングケ-キ入刀!ファ-ストバイトをする意味は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

結婚式披露宴で前半を盛大に盛り上げる
ウェディングケーキ入刀イベント。
新郎新婦の近くに行って写真撮影をしたり
とても華やかでほっこりする瞬間です。

披露宴では必ず行う演出の一つですが、
ウェディングケーキには長い歴史が
あるのを知っていましたか?

Sponsored Link

今回はウェディングケーキと
ウェディングケーキ入刀の歴史について
ご紹介します。

ウェディングケーキ入刀とは?

ウエディングケーキ入刀は昔から
行われている伝統行事でもありますね。

しかし、昔と比べると現在のウエディングケーキは
変わりつつあるです。

昔と現在のウエディングケーキの違い

4e74bb6a36c5887299df7d6602faa8ab_s
一昔前ではウェディングケーキと言えば、
背の高い何段にも重なった
生クリームデコレーションを見たてた
大きなケーキが主流だったのですが、
これはいわば、ナイフ入刀用の
イミテーションケーキでした。

私も小さなころに出席した際に、
この大きなケーキを
食べたくて食べたくて・・・
大泣きしたのを今でも覚えています。

現在のウェディングケーキと言えば、
生ケーキです。

現代で行われる入刀後の儀式は?

最近の結婚式ではウェディングケーキ
入刀後のファーストバイトやゲストへの
幸せのおすそわけとして、
このウェディングケーキを分ける
ケーキサーブも演出の一つとされています。

新婦から新郎に食べさせてあげる…
という定番の物から
大切な友人へファ-ストバイトをする…
など、型に捉われない演出も
増えてきているようですね。

ウェディングケーキ入刀のシーンの
写真撮影はとても記念に残ります。

演出を考えることも
大切な時間になりますね。

Sponsored Link



ウエディングケーキの由来

ウェディングケーキの由来としては、
将来食べるものが困らないようにとの
願いを込められたものです。

また、幸せみんなで
分かち合おうという習慣から
ケーキを出席者に配るように
なったそうです。

ウェディングケーキは昔ビスケットだった?

db3409b0b8e811c2f97611b0af8b3b7a_s
欧米では収穫や子孫繁栄のための
象徴である小麦を使ったお菓子、
ビスケットを結婚のときに配る
という風習がありました。

それが、現代ではより高く豪華な
ウェディングケーキになったという
説があります。

ウェディングケーキが始まったのは
18世紀、イギリスのビクトリア女王
ご成婚の時に登場した3段重ねの
シュガーケーキでした。

ウエディングケ-キが三段の理由とは?

本来のウェディングケーキは3
段仕立ての物で

1段目披露宴の出席者に、

2段目当日出席できなかった方に
振る舞い、幸せをおすそ分けする

3段目1年後の結婚記念日

又は第一子が産まれた日まで保存して
記念日に食べると言われています。

まとめ

日本でのウェディングケーキは
生ケーキが主流となっていますが、
他国ではケーキ(幸せ)をおすそ分けする
という事が前提となっているため、
長期保存ができるケーキに
なっているようです。

中身をドライフルーツにしたり、
周りをシュガーコーティングしたりするのが
主流だそうです。

2人の幸せへの思いや願いを込めた
ウェディングケーキ入刀。

このような歴史を見て見ると、
ケーキサーブにも幸せのおすそ分け
というきちんと意味のある
演出だったのですね。

歴史や由来を知ると、より心がこもった
ウェディングケーキ入刀演出が
できるのではないでしょうか?

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら