結婚式をより楽しく盛り挙げる余興
結婚式に新郎新婦の友人として
出席する場合、余興をお願いされる
ことがありますよね?

スポンサーリンク

一般的な余興としては、
手紙を読んだり、を歌ったり、
感動で涙を誘う余興から、
賑やかに楽しく盛り上げて祝福する
余興など、さまざまな余興があります。

新郎新婦を盛大にお祝する気持ちと
共に楽しんで行う余興ですが、
注意しなければならい事もあるのです。

新郎新婦の幸せを出席者全員が
願うとともに、一緒に心から
楽しくお祝をしたいですよね?
あなたも、今後余興を頼まれた際に、
失敗しないように、
是非参考にしてみてください。

[youtube id="tZb-xxli3uk"]

余興では何に気をつけるべき?

結婚式の余興をお願いされた時、
まずはどんなことに注意すれば
良いのでしょうか?

結婚式の余興の時間を考えよう!

2f1a164b655d7ae884e82f865f67f427_s

結婚式自体の時間はだいたい
2時間ほどで決まっています。

披露宴の進行内容も時間ごとに決められて
いるため、もちろん余興の時間も
限られているのです。

新郎新婦の会社の上司からのだらだらと
長いスピーチも嫌がられる一つです。

余興の回数にもよりますが、
だいたい5~15分程度
ちょうどよいでしょう。

楽しい内容の余興だとしてもあまりにも
長い時間だと、見ている方も
飽きてしまいます。

歌を歌う場合なら、
何曲も歌うよりは一曲を心込めて歌い、
クイズ形式なら3~5問程度が
よいかもしれませんね。

事前にしっかり練習をしよう

事前に時間を気にしながら、
練習してみるといいですね。

複数でダンスなどを披露する場合は、
打ち合わせ練習をしっかりしていないと
ダラダラした印象を与えてしまいます。

自分達は招待客であるという事を忘れずに!

下品な内容にはしない!

106259

特に男性側に多い露出

多少の露出なら皆さんに楽しんで
もらえますが、お酒の勢いもあるとはいえ、
年代の違う方ももちろんいるため
周りの方を不快にしてしまう
可能性もあります。

余興を行う場所は結婚式披露宴であり、
神聖なセレモニーです。

新郎新婦へ何度もキスを要求したり、
下ネタなど、親しい友人同士は
盛りあがりますが、年代の違うご両親など
親族は不快に思うかもしれませんね。

余興は美しく、適度なものに・・・。

[youtube id="wWr_eSgf_60"]
スポンサーリンク

まとめ

何点か、余興についての注意点を
あげてきましたが、あまり堅苦しく
考えると余興をする方も
楽しめなくなってしまいます。

新郎新婦の事を心からお祝いし、
楽しい余興で祝福する気持ちがあれば、
このような心配はありませんよね。

新郎新婦のご両親や親せき、
会社の上司など会場の皆さんを
楽しく盛り上げる気持ちが大切ですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事