結婚を決めたら、両家のご両親と一緒に
お食事の結納、顔合わせをします。
「結納」とは言葉は聞いたことあっても、
実際どんな事をするのか知っていますか?

スポンサーリンク

何も知らず、失礼な事をしちゃった!
知らなかったばかりに
恥をかく事のないよう、
今回は結納についての意味と
常識をご紹介します。

そもそも結納って何?

346543

「結納」とは漢字の通り、結んで納める。
結婚することにより、両家が
親類となって結びついた事をお祝し、
贈り物を納め合うという意味です。

なので、結納を済ませたら、
「結婚します」と公に宣言したことと
なります。

結納は男性側が主に進行していきます。

結納をする時期は?

一般的に、結婚式の3~6カ月前
吉日に行います。

両家の親が一緒に行う為
いくつかの日にちの候補をあげ、
出席者全員の都合のよい日を
相談して選びましょう。

六曜は気にするべき?

六曜の中でも大安友引きといった日
おめでたい事は早めにと言う
意味も込めて、午前中に行うのが
良いでしょう。

現代ではあまり六曜
気にしない方が多いですが、
やはり仏滅は避けたいですね。

場所はどこを選べばいい?

結納をする場所は、昔は女性側の自宅で
行われる事が一般的でしたが、
最近で料亭やホテルの個室を利用して
行われる事が多いようです。

スポンサーリンク

結納に必要なものは?

e23e233d0d21a5889e8aa7a90c6a63b9_s

結納に必要なものはどんなものが
あるのでしょうか?

男女別に違いありますので
それぞれご紹介しますね。

男性側

結納パック9品目
婚約記念品、受書・家族書、結納金

9品、7品、5品など、二つに割れない
奇数の品数で用意します。
婚約記念品としては、婚約指輪や時計、
ネックレスなどが一般的です。

女性側

結納返し、受書

結納返しとは正式には結納品現金
腕時計や洋服、家電などの品物を
贈る事が多いです。

どこで購入できる?

結納品デパート専門店などで
購入することができます。
それ以外にも最近ではインターネット
1.5~10万円位で購入することが
できます。

結納に関して、地域によって、
家のしきたりによりスタイルも
異なりますので、事前に両家で
相談をしておくとよいですね。

[youtube id="3EjGRJvg-pQ"]

まとめ

結納といっても、最近は結納のかわりに、
両家の家族が集まって顔合わせを
するだけのお食事会スタイルが
増えてきているようです。
結納品は特に用意しませんが、
普段とは違った少し改まった
個室のレストランで会食をします。
その際は、服装も落ち着いた
きちんとしたスーツなどの服装が
好ましいでしょう。

結納や顔合わせのお食事はホテルで
結納プランなど、場所によっては
色々なパックも用意されていますので、
パックを利用すると金額的にも
予算をたてて行え、心配もないですし、
少し手間が省けていいかもしれませんね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事