あなたは結婚記念日の
お祝いをしていますか?
プレゼント交換はしていますか?

結婚10年目、20年目などの節目の年
スイート10と呼ばれ、
大切な記念日ですよね。

スポンサーリンク

正式な節目の呼び方としては、
結婚50周年
金婚式
25周年銀婚式
有名ですが、その他の節目にも
最後の75年目まで1年ごとに
ちゃんとした呼び名がついています。

節目の結婚記念日の名称を
いくつかご紹介します。

結婚記念日の節目の名称

まずは毎年どのような名称が
あるのでしょうか?
1年目から60年目までをズラリと
ご紹介いたします♪

8b5cd41e5b9f8a76866dec96ccaed182_s

1年目:紙婚式
2年目:綿婚式
3年目:皮婚式
4年目:花実婚式
5年目:木婚式
10年目:アルミニウム婚式
15年目:水晶婚式
20年目:磁気婚式
25年目:銀婚式
30年目:真珠婚式
35年目:珊瑚婚式
50年目:金婚式
55年目:エメラルド婚式
60年目:ダイヤモンド婚式

節目の年数が増えるにつれて、
宝石の名称がつく呼び名が増えて、
どんどん高価な宝石になっていきます。

60年の節目を超えると、
ダイヤモンドウェディングと言い
ダイヤの指輪やアクセサリーを
贈り合うそうです。

スポンサーリンク

節目はどうやってお祝いする?

結婚1年目2年目には夫婦で
記念品を交換したり、お食事をしたり
お祝をする方も多いかとお思いますが、
年数が経つにつれてやらなく
なってしまいがちですよね?

でもせめて、大きな節目である
25年目銀婚式50年目金婚式には
盛大にお祝したいものです。

銀婚式金婚式子供達が計画して、
盛大にお祝する事が多いようです。

この時に結婚した当初を思いだして、
ウェディングケーキ入党祝辞などを
行うといいかもしれませんね。

結婚記念日には何を贈ればいいの?

それでは結婚記念日の節目には
どんなプレゼントを贈り合えば
よいのでしょうか?

節目にそれぞれ呼び名がついているので
1年目紙婚式ならば
アルバム・手帳などの紙製品
5年目木婚式なら木製の品など
名称にちなんだものを夫婦で
交換するのが主流です。

子供から親に贈る場合は何を贈ればいい?

子供達が両親へプレゼント
する際には、名称の宝石にちなんだ色の
お花を贈ると喜ばれます。

3ef5284aa5fe40d201c75a262c56db06_s

ルビー婚式であれば、
赤色のバラやチューリップ
真珠婚式なら白いお花をベールとした
アレンジメントなどが素敵ですね。

[youtube id="L2G1O3ai4bY"]

まとめ

結婚式の節目には75年目まで1年ごとに
呼び名がついているなんて驚きでした!
ダイヤモンド婚式、
ダイヤモンドウェディングとは
とても素敵ですね。

夫婦でのプレゼント交換・両親への
プレゼントもこの呼び名にちなんだものを
贈ると考えるのも楽しくなりますし、
記念品としてとても良いと思います。

あなたもご両親の記念日には
お花でもよいですし、旅行券など
プレゼントしてみてはいかがですか?

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事