結婚式の服装のマナーは?参列にNGなドレスとは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

あなたは友人の結婚式
出席したことはありますか?

いざ、結婚式に出席するとなると、
何を着て行けばよいのか悩みますよね?
光沢のある生地はOK?
サブバッグは必要?
どんな靴を履いていけばよいの?

Sponsored Link

そんな服装において迷う事の無いように、
結婚式の招待状が届いて出席することが
決まったらまずチェックしてみてください。

結婚式に参加する際の服装マナー

4029_11
[引用元:http://wedding.gnavi.co.jp/wedding/]

結婚式の服装は普段着のワンピースではなく
パーティドレス、一般的にはフォーマル
いわれる服装です。
しかし、派手なロングドレスや
品のない「お水系」のドレスはNGです。
その他にも冬のファッションとして定番な
ファーや動物の皮でできたカバンなどは
殺生をイメージするため、
結婚式では避けましょう。

それでは赤や黒等のドレスの色は
よいのでしょうか?

結婚式で絶対に避けたい服装とは?

b47446dea0cca288e0e7b23ae58752a4_s

全身白っぽい服装はダメ!

白いドレスは花嫁さんの特権のドレス
なので、全身白っぽい服装はタブー。
クリームベージュなどのドレスも
写真など見方によっては白っぽくみえる
ので避けた方がよいでしょう。

また、濃い色のバックを合わせたり、
靴などを工夫して全身が白でなければ
大丈夫です。
結婚式は座っている時間が長いため、
羽織物など上半身の中に白色以外の
物を取り入れましょう。

Sponsored Link



全身黒っぽい服装もダメ!

黒色のドレスにパールネックレス、
黒ボレロに黒い靴・・・
全身黒の服装喪服を連想させるので、
結婚式では避けましょう。
明るい色のボレロなど羽織物、バッグ、
靴を合わせ、全身黒でなければ
大丈夫です。

肩出しスタイルには注意を!

08c0514ac1bb998a568f90e26f0b9106_s

肩を出したスタイルや、ミニスカートなど
露出度の高いドレスを着るのは、
新婦よりも目立ってしまいます。
結婚式では膝が隠れる丈のスカート、
肩を出す服装の場合は、羽織物が
必要となります。

足元にも気を付けて!

足元はナチュラルな色のストッキングに
ヒールのあるパンプスが一般的です。
黒タイツカラータイツ網タイツ
素足NGです。
靴はブーツ、サンダル、つま先や
かかとがみえるミュールはNGになります。

まとめ

服装についてマナーを知らずに
出席してしまうと、自分だけではなく
招待側の花嫁花婿にも恥をかかせて
しまいます。
まず第一に覚えておきたいことは、
新婦よりも目立つ格好をしないこと!
「あの人、服装のマナーを知らないのかしら」
と思われることのないよう、
結婚式に出席する前に、事前にマナーを
知っておくとよいですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら