結婚式で母親が行うベ-ルダウンの意味と歴史とは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

これからの暖かくなる時期、
ジューンブライドという言葉もあるように
ウェディングシーズンを迎えます。
あなたはこれからの時期、
結婚式に出席する予定はありませんか?

Sponsored Link

私も何度も友人の結婚式には
出席した事はありますが、出席する度に
感慨深い気持ちになります。
しかし、ウェディングセレモニーの中には
意外にもその意味を知られていない
儀式もあるのです。
その中の一つ、花嫁さんが必ずつける
ウェディングベール
新婦が頭からかぶるふんわりとした
レース素材のベールは、
見ているだけで神聖な気持ちに
させてくれますよね。

あなたはウェディングドレスの
ベールの意味を知っていますか?

ベールダウンの意味は?

ce4396a5f37d7eb393f20cb90fd373dd_s

ベールダウンの儀式は、
挙式の直前に花嫁のウェディングベールを
母親がおろして、式に送りだす儀式です。

ベールダウンの歴史とは?

清浄のシンボルでもあるベール
古代ギリシア・ローマ時代に
邪悪なものから身を守るために
魔除けとして、神聖な場で
身に着けるようになりました。

母親の気持ちを表している

そのベールを母親が顔の前に
おろすことにより、
「今までは私が愛情持ってあなたを
育てあげてきました、これからは
最愛の人と幸せな人生を歩んでください」
という親の思いを表現しています。
この儀式は新婦への最後にしてあげる
身支度を意味します。

65d8ebc6039212ffee8e8fa89648c4d7_s

そして、挙式では愛しあうと誓った
新郎のみが母親に代わりベールを挙げる
ことができ、キスすることによって、
2人の間の壁を取り払う意味があるのです。

Sponsored Link



ベールダウンを行う手順

ベールダウンのセレモニーには
二つの方法があります。
・挙式の直前に母親に控室に来てもらい、
 ベールを下してもらう
・挙式会場の入り口でゲストに
 見守られながらベールを下してもらう
この際は母親にベールダウンをしてもらい
その後父親と腕を組んで入場するのが
定番ですね。

また、控室で行う際は、
時間的にも余裕があるため、母親と様々な
思いで話をできるといった利点もあります。
人前で行うのが恥ずかしいのなら控室で、
一つの演出として考えるのなら
挙式会場で行うとよいでしょう。

まとめ

ウェディングベールと言うのは、
お母様の花嫁さんが産まれたときから、
この先一生幸せな人生を送る事が
できますようにという思いを結婚式に改めて
大切なパートナーである花婿さんと共に
この先一緒に幸せにな人生を
送る事ができますようにと、花嫁の誕生を
祝福するセレモニーなのですね。

あなたもこれから結婚されるご予定が
ある際には、是非お母様にベールダウンの
意味を教えてあげてください。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら