あなたは繰り上げ法要と言う言葉を
聞いたことがありますか?

人が亡くなったら葬儀が行われますよね?
その後も、法要という形で何度も
故人を供養する行事が行われます。

スポンサーリンク

故人が亡くなってから
7日ごとに行う法要の事を中陰と言い、
四十九日を迎えるまで行われます。
この7日ごとに行う法要は
故人が極楽浄土へ行くのに
とても大切な法要なのです。

今回は一般的な法要や、
繰り上げ法要について調べてみました。

繰り上げ法要って何?

本来、葬儀後の7日後に行う初七日ですが
葬儀と同じ日に繰り上げて行う事を
繰り上げ法要といいます。

初七日法事に関してはこちらに
まとめてあります。

【初七日関連まとめ】
法事のマナーまとめ

その理由としては、
遠方の親せきや、知人など、
葬儀後7日後にまた集まっていただくのは
スケジュールを考えると難しいため、
最初の初七日法要だけは
葬儀と同じ日に執り行うという事が
定着したようです。

スポンサーリンク

「繰り上げ初七日」と「繰り込み初七日」について

初七日法要を繰り上げて
葬儀当日に一緒に行う場合には
「繰り上げ初七日」
「繰り込み初七日」の二種類があります。
58a1982af4db37dfafef454b47a46a6e_s

繰り上げ初七日

「繰り上げ初七日」とは、
火葬後に葬儀場へ
移動してから初七日を行う法要のことです

繰り込み初七日

「繰り込み初七日」
火葬前に初七日を行う法要のことです。

どちらが多い?

二つとも葬儀の当日に
初七日を一緒に済ませてしまえるという
利点がありますが、繰り込み初七日では
更に、火葬前に初七日法要をすませるため
火葬後の時間で精進落としを行える
という点から、最近では繰り込み初七日が
主流となっているようです。
※精進落としとは、
初七日法要を終えた後に
お食事をする事で、
忌明けの食事と言う意味もあります。

繰り上げ法要の始まりは北海道だった

b22a3e58924c7b5e3f485033bb1ef093_s
北海道は元々開拓地であったことから、
葬儀は町内会で行ったり、
訃報が新聞に載ったりと、
本州の葬儀とは少し違いがあります。
法要についても大きな違いがあり、
北海道では初七日だけではなく、
四十九日の法要も葬儀と同時に
行うことが一般的なのです。
その理由としては、
やはり開拓地であったことから
開拓のため忙しく、
7日ごとに行う法要は難しかったため、
葬儀・初七日・四十九日と
中陰法要をまとめて行う風潮が
できたようです。

まとめ

本来は7日ごとに行うとされる法要ですが
現代のライフスタイルに合わせて
繰り上げ法要を行う事が
一般化してきたのですね。
その原点としては
開拓地であった北海道であり、
開拓の忙しさのために繰り上げ法要が
広まってきたとは驚きでした。

葬儀と同時に初七日、
四十九日法要を行う場合
法要の回数は減ってしまいますが、
法要で大切なのは回数ではなく
故人を偲んで気持ちを込めて供養する
ということが大切です。
精一杯の気持ちで法要を行えば、
亡くなった方も
納得してくれることでしょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事