大切な人が亡くなってからの喪中の期間は
お祝いごとをしてはいけない、
結婚式に出てはいけないなどと
色々な制限があると言われていますよね。

じゃあ、結婚式ではないけど、
結婚式の二次会や、飲み会はいいの?
神社への参拝は?

スポンサーリンク

たくさんのケースが出てくると思います。
実際の喪中の期間に焦る事のないよう、
落ち着いて対応できるように
今回色々と調べてみましたので
是非参考にしてみてください。

喪中期間っていつ?

喪中というのは、
近親者が亡くなってからの
一年間をさします。
この一年間は
亡くなった方を偲びましょう
という考えの元、
慎ましく過ごす事を意味しています。

omairi1
[引用元:http://seirendo.net/]

なので、喪中の期間は、
初詣や結婚式など
お祝いごとへの参加を控えたり、
浮ついた言動をとらないように
注意しましょうという風潮が
日本にはあるようです。

一般的にそうではあっても、
いつ誰が亡くなるのか
予測がつかないものですから
例外もありますよね?

 

スポンサーリンク

四十九日を過ぎてもお祝いごとはNG?

大切な人が亡くなってから
四十九日を過ぎるまでは忌中といい、
喪中よりも更に制限がかかる期間です。
万が一、この期間中に
お祝いごとの予定がある場合は
忌中の旨を伝えて、
欠席するなどの対応をとるのが一般的です。

ご自身の結婚式の予定をしていた場合でも、
忌中に入ってしまった方は
日程を変更するほどに大切な時期なのです。

喪中の期間は忌中期間程
厳しく制限する必要はありませんが、
常識から外れることのないよう、
程々にしておくべきでしょう。

結婚式や披露宴を予定していた場合は?

4bebd1836191522860aa35ce4f255231_s

一般的に、喪中の期間の結婚式
主催する側も招待される側も
控える方が良いとされています。
しかし、実際は
挙げる側の日程変更は難しく、
招待している友人など人間関係にも
影響が出てしまいますよね。
招待されている側としても、
突然の欠席は
あまり快く思ってくれる人はいません。

現在では喪中の期間の1年間は長い!
という考えの方も多くいます。
また、喪中の期間でも、
お祝事なのでご先祖様も
きっとあの世で喜んでくれているはず!
と言う意見もあります。

その辺は一般常識にとらわれず、
当事者同士で柔軟に
価値観を合わせながら
決めて行くのが良いと思います。

ちなみにお盆についての
結婚式については
こちら↓で紹介してますので
良ければ参考にしてくださいね。

【お盆の時期の結婚式は縁起が悪いって本当?

神社に参拝しても良い?

また、「神社に参拝してはいけない」
という言葉もよく耳にすると思います。

コチラ↓の記事で詳しくまとめました!
生理中や喪中に神社に参拝に行ってはいけない?その理由は?】

ぜひ参考に合わせてご覧ください。

まとめ

一般的には喪中期間の一年間、
お祝事など控えるべきだとされていますが
現在の日本では考え方も様々で、
「常識」も人それぞれです。
個々のケース、当事者同士で話し合って
柔軟に大人の対応を取っていくのが
一番よいかもしれませんね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事