SONY DSC

お墓について家族で話したことはありますか?

なかなか普段の日常で
話題に上ることは少ないと思います。

突然、親族の方が亡くなってしまい
お墓を立てる時
どこにどうやって
お墓を立てればよいのか?
場所は?値段は?管理料はいくらなのか?

大変悩まれると思います。

それもそのはず
お墓を立てること自体が少ないですし
一生に1~2回くらいのイベントですので
分からないのも無理はありません。

残された方がパニックにならないよう
準備をしておくことが必要です。

墓地を選びたいと思ったら
同時に墓石選びについて
考えなくてはいけませんよね。

でも墓地と違い、墓石や石材って
かなりマイナーな話題かと思います。

お墓を選ぶという段階において、
石材店や墓石やデザインを選ぶ前に、

まずご自身でお墓や業者(石材店)
を選ぶ権利を手に入れなくてはなりません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

知らないと損をする!墓石選びのやり方!

36c4342f5bb3b477f9fb8ca58a082bc3_s

最初に気を付けていただきたいのが
霊園を見学に行かれる際に
チラシやホームページの画面を
プリントアウトしたものを持っていく
そのチラシに印字された石材店を勧められてしまうので
注意が必要です。

もしチラシなどを持参せず見学に行かれた場合には
すでに手配済みの石材店が霊園で待機しており
彼らが順番に対応することになっています。

石材店という業界の文化では、
一度個人情報を出して
その業者にデータが登録されてしまうと、
なかなか他の石材店に変更できない
というシステムになっているようです。

そうなってしまうと、
そのお客様の担当はすでに
この業者さんに登録してあるという理由で
他の業者の意見を聞きたくても
なかなか聞きにくい状況を作られてしまいます。

おそらく業者間でお客の引き抜き行為を
禁止しているのでしょう。

それは業者間のネットワークにより
他の霊園見学にも行きにくいという
状況にもなりかねません。

もしすぐに決められなかった場合は、
一旦は保留にして個人情報は一切出さず
他社を比較検討してから決定することをお勧めします。

 

寺院境内墓地の場合も
昔からのお付き合いである石材店があり
指定される場合がよくあります。
墓地を選ぶときには、
同時に指定されている石材店の情報も
確認しておいて下さい。

墓石は何で出来ている?最新のお墓とは?

さて、業者選びについては
先ほど述べたことを参考にしていただければと思いますので
次は「実際に使われている石」についてまとめてみました。

 

墓石に使われる石は、
国内外で合わせて150種類以上ありますが、
墓石は基本的には屋外で紫外線や風雨にさらされますので
吸水率が低く、
硬度が高くて耐久性に優れているものが
良いとされています。

 

昔は加工しやすい安山岩が使用されていましたが
現在は磨くと光沢が出る花崗岩(かこうがん)が
最もスタンダードです。通称「御影石」と呼ばれます。

4fe78a2b57370ff4e6d9e43ecfea8e98_s

最近では大理石もよく見かけますが、
材質がやわらかく酸性雨に弱いため、
日本では墓石には不適切とされていました。
ですが現在ではコーティング技術が向上したため使われるようになりました。

 

ひと昔前までのお墓といえばグレーの石が
一般的でしたが、
最近では赤系、ピンク系、緑系、紫系、ガラスのお墓
なども人気があります。

garasu

実際に目にする機会は少ないかもしれませんが、
より個性的なお墓にこだわるのであればぜひ調べてみてくださいね。

やはりはじめはブランドで決めるのではなく
色や質感、模様を決めた上で、
あとは価格と相談するのが良いでしょう。

実際に石を決めるときは、
小さいタイルのサンプルを参考に決めていきますが、
蛍光灯の下で見た色合いと、
太陽の下で見た感じでは若干異なったりします。

こちらもぜひ一度室内と外で
比較して見てみてください。

そして年数を重ねると
若干色合いが変わってくる材質もありますので
実際に霊園を回ってみて、
様々な墓石を見て回るとイメージがより
具体的に固まってくるかと思います。

 

あと、現在流通している墓石の70%以上は外国からの
輸入に頼っています。
国産は年々減少しており、
価格も高騰してきています。
一方外国産は、採石や加工費などの人件費も割安なようです。

良質な石でも安い価格で手に入りやすいようですね。

 

しかし日本に外国産の墓石が導入されてから日は浅く、
「対応年数がどのくらい持つのか」については未知数です。

そして多くは中国で加工・運搬されてくるものが多いので
その石材店が仕入れる先の中国の業者において、
しっかり石の検品作業用の工場を持っているかどうかの確認をしていただくと、より確実だと思います。

 

「お墓を買う、建てる」というのは
「家を買う、建てる」のと
同じくらいのライフイベントだと思います。

ご自身が一番納得して、
ご家族の方も安心して
購入されることが一番の理想には違いありませんので、「買おう」と思った際にはぜひ納得いくまで悩んでください。

 

少しでもその悩みを解決につながるような糸口になれれば幸いです。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事