初七日にお供えする供花のお花選びのポイントとは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

初七日に限らず、
葬儀や法事、
大切な人が亡くなった時には
お花お供えしますよね。

祭壇やお墓にお供えするような
小さいお花から
大きなお花まで飾られています。

それではなぜ人が亡くなった時には
お花を飾るのでしょうか?

Sponsored Link

また、初七日にお供えするお花は
一体どのようなお花が
ふさわしいのでしょうか?

お花がもたらす癒し

お花は普段生活する中でも
かけがえのない癒し
もたらしてくれる物ですよね。

47a227d223804b0940468320aedaba9b_s

特に興味がない方でも、
疲れているとき、
精神的に弱っている時にも
お花を見るとホッと
心を落ち着かせてくれます。

入院されている方のお見舞いにも
お花を選ばれる方も多いでしょう。

お供えにお花を選ぶ理由

お花を嫌いな人は少ないと思いませんか?

それは亡くなった方にとっても
同じなのです。

d90b96a72d2873ea3bf822ec99e19357_s

故人が生前、
お花が好きだった場合で
あればもちろん、
興味のなかった方の場合でも
必ずお花をお供えします。

初七日とは、故人
まだあの世とこの世を
彷徨っている時期
言われています。

きっとこれから自分は
どうなってしまうのだろう?と
不安な気持ちでいるのかもしれません。

そんな時にお花をお供えされたら、
美しい物に囲まれて
「あなたの事は一生忘れません」
「今までお疲れさまでした」
と、労われているような気がして
安心してあの世へ行けるかも
しれませんね。

「死者の魂を慰める」
「遺族の悲しみを和らげる」
といった意味がお供えのお花に
込められているそうです。

Sponsored Link



初七日にお供えするお花

お供えをするお花は
どんな花でも良いわけではないのを
知っていましたか?

そこには昔からの
しきたりがあるようです。

お花と言えば、
色とりどり鮮やかで
華やかですよね?

お祝いごとならまだしも、
法要とは悲しい行事ですから、
派手なお花を供えると
不幸を待っていたかのように
受け取られてしまいます。

そのため、四十九日を過ぎるまでは
白をベースとした色味の落ち着いたお花
中心にしてアレンジすると
良いとされています。

90ed424db987505fafc5f80a5cb08d6f_s

また、残された御遺族の悲しみを
癒してあげると言う意味で、
水色や紫色の淡い色のお花を
プラスしてお供えするのも
喜ばれるかもしれません。

具体的には、

  • ユリ
  • ダリア
  • カサブランカ

の花などが定番です。

故人がもともと好きだった
お花ということであれば、
バラなどを飾る場合もあります。

葬儀で送ってはいけないお花

0f504435b040b5ee2ccc5f12138bc6ed_s

また、訃報の知らせを受け、
遠方などの理由により
葬儀に参列できないときには
供花を手配することもあるでしょう。

ただし、手配する際に気をつけなければ
せっかく手配したお花が飾られないという
自体が起きてしまうかもしれません。

注意するべき点を下記の記事にまとめて
ますのでぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

しんみりとしたお別れは嫌だ!
という故人の思いがあればまだしも、
多くの方が参列する行事でも
ありますので、
奇抜な明るい色のお花は避け、
一般的にふさわしいとされる
白をベースとした淡い色のお花を
アレンジメントしてお供えするのが
良いのですね。

初七日では綺麗なお花を
たくさんお供えして、
気持ちよく故人をあの世へ
送り出してあげたいものです。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら