お盆の時期に行われる灯籠流しにはどんな意味があるの?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

ご存じの通り、
灯籠流し
お盆の時期になると、
人々が川岸や海に集まって
幻想的な雰囲気の中、
日本の各地で
行われていますよね。

Sponsored Link

夏祭り花火大会と一緒に
行う地域が多いようです。

3aa0db80c89fea772b7ec88bf781032f_s

灯籠とは死者の魂を弔うために
灯籠やお盆にお供えしたものを
海や川に流すのですが、
そもそも一体、
灯籠とは何なのでしょうか?

そこで、今回、
灯籠・灯籠流し
の意味を調べてみました。

灯籠とは?

灯籠とは漢字の通り、
灯りをともす籠(かご)
の事です。

私は普段、意識せずにいたのですが
神社へ行くと必ずあるもの
なのだそうです。

5536c80e47f66fd422d8137ba02d1fdc_s

あなたは気がついたことは
ありましたか?
見た事はありますか?

灯籠のもともとは
日本古来の照明器具だったそうで
仏教の伝来と共に、
日本にやってきました。

anndonn
[引用元:http://ew.sanuki.ne.jp/rekimin/mukasinodougu.html]

神社には金属製の灯籠が多い中、
灯籠流しでは、
紙や木で作られている灯籠を流します。

灯籠流しとは?

灯籠流しは、
お盆の期間に行われるイメージが
あると思います。

お盆の期間はご先祖様の霊が
迎え火によって、
この世に帰ってくるため、
再びあの世に送り出すための
送り火の一種が
灯籠流しとされています。

灯籠流しは行わない地域もあり、
各地に様々な特色があります。

その一つとして、有名なのは
京都・広島で行われる
灯籠流しです。

京都では花火大会と同じ日
灯籠流しが行われ、

515c1798e675d5a3662f0de0b73fe5eb_s
広島では原爆によって
亡くなられた方を
慰霊するために行われています。

これは私も初めて知ったのですが、
お盆の時期に花火大会
多く開催されるのも、
もともと打ち上げ花火は
送り火の行事の一つであったと
されているのです。

迎え火としては盆提灯が有名ですね。

Sponsored Link



現代が抱える問題

灯籠流しは昔から
行われてきた行事ですが、
現代ではある問題を抱えています。

毎年十トンと出るゴミの問題です。

最近では川や海への汚染も考慮し、
行わない地域も増えてきています。

昔はそのまま放置していた
地域もあったかもしれませんが、
現在では川の上流から
流した灯籠を下流で回収したりと
環境問題に発展しないよう、
取り組みが行われているようです。

あの幻想的な光景が
なくなってしまうよりも、
伝統を守るために
いろいろな取り組みが
行われているのは
少しホッとしますね。

3ebb8741f8dac9e8632f32a025f15a11_s

また、私たち自身が
協力できることも
あるかもしれません。

まとめ

灯籠流しは、花火大会と
合同で行われたりしているので
幻想的な光景できれいだな~
という印象でしたが、
ご先祖様の霊を送り出す
という送り火の意味が
あったのですね。

お盆に行われている
花火大会も送り火の意味が
あったとは驚きでした。

夜の川や海にたくさんの灯は
キレイで幻想的なもので
このような灯籠流しだと
ご先祖様も気持ち良く
あの世に帰っていけますね。

私も実際にこの目で
灯籠流しを見た事はないので、
一度は行って見てみたいものです。

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら