お墓について家族で話したことはありますか?

突然、親族の方が亡くなってしまい、

お墓を立てる時に

どこに、どうやって建てればよいのか分からない

費用も時期も分からず悩むと思います。

初めてお墓を購入される人や、建て替え、リフォーム(修繕)、

場所の移動を検討されている方へ

購入すべき時期や、トラブルにならない注意点

をまとめてみました。

ご自身の「終活」のためにも、参考にしていただけると幸いです。

お墓の準備はいつから?購入時期や最適なタイミングとは?

お墓を建てることは

お墓を建てると長生きする

徳が高い」などと言われます。

生前に購入したお墓は、仏教では

「寿陵(じゅりょう)」
もしくは
「生前墓(せいぜんぼ)」と呼ばれ

寿陵は仏教において

長寿(ちょうじゅ)

子孫繁栄(しそんはんえい)

家内円満

3つの幸運を招く縁起の良いものとされてきました。

購入のベストなタイミングは基本的に

お墓の事が気になりだした時で良いとは思いますが

生前に購入するのと、

亡くなったあとに購入するのとで

メリットがそれぞれ存在します。

スポンサーリンク

生前に購入するメリット

場所や費用を事前に打合せできるので遺族の負担を減らせる

遺族にとってお墓は、管理しやすいかどうかが重要なポイントになります。

交通の便が良い場所管理手数料が安く無理なく払えて、

通いやすい場所が好ましく

それらを生前に打ち合わせできるという点で

後々トラブルにならず、大きなメリットになります。

それに自分の希望の形や色、石でお墓を建てることができる

その時になってあわてて準備をする必要がなく、家族に負担をかけることが少ないです。

人気な墓地はすでに予約がいっぱいだったり、

墓石選び、お葬式の準備や、

親族を含めた身の回りの整理だけでも大変で、

精神的負担もかなり大きいです。

生前にすべて準備しておくことで

かなり遺族への負担は軽減されるでしょう。

生前にお墓(生前墓)を購入することで節税になる。

最近では

夫とは別のお墓に入りたい

子どもに負担をかけたくない

中には

相続税を減らしたい

との様々な理由で、

生きているうちに自分のお墓を買う方が増えていてます。

節税効果はどのくらい出来るの?

相続税には

非課税財産(税金がかからない財産)

というものがあります。

お墓や仏壇、仏具などは、相続法上では

祭祀財産(さいしざいさん)とされ

この

祭祀財産」は「非課税財産」になります。

つまり

お墓にかかったお金(評価額)には、税金がかからないのです

平成27年(2015年)1月1日に改正された相続税制では

基礎控除額(税金がかからない遺産)の計算方法は
3000万円+(600万円×法定相続人の数)となっています。

もしあなたが、遺産を3900万円持っていたとして、
相続人が1人の場合
生前に前もって300万円のお墓を購入しておけば

計算式は
3900万(遺産)-300万(お墓代)-3600万(基礎控除額:3000万+600万)=0円(相続税)

になり、なんと相続税をゼロ円にすることができます。

その結果、残されたご遺族(相続人)への税負担を軽くできます
(※もし故人が亡くなった後に、ご遺族がお墓を購入する場合、相続税を払って、さらにお墓代も別に払う必要が有るため費用総額が増えてしまいます)。

このように、生きているうちにお墓を建てることで

自身の死後に家族に金銭的な負担をかけずに済むという

終活」の考え方が広まっています。

 

最近では、お墓もローンを組んで購入することができるようになってきましたが、

生前にお墓を購入し、ローンを支払い始めたとしても

支払いの途中段階で亡くなられた場合は、

未払い金(残りの残金)にはしっかり相続税がかかりますのでご注意ください。

一括払いですと相続税はかかりません。

生前に購入する際のトラブルにならないための注意点

納骨するご遺骨が存在しないと、購入できない墓地があることがあります。

つまり

本人が亡くなっていなければ購入できない墓地が存在します。

ですので墓地を決める際に必ず前もって確認しておいてください。

亡くなった後に購入するメリットとタイミング

亡くなった後にお墓を購入するタイミングは

1周忌を目安にするのがおすすめです。

一周忌とは、故人が亡くなってから

ちょうど1年後の同月同日に行う法事のことで

住職による読経のあと、焼香が行われ

最後に食事がふるまわれます。

お墓を購入される方の中で

・お葬式の後、49日までに購入する人の割合が約40.0%

・お葬式の後、3ヶ月以内の割合が25.0%

1周忌までに購入されている人が90.0%以上

と言われています。

お墓がすでにある場合は一般的に

49日に納骨することになっていますが

購入までに時間がかかってしまい

間に合わない場合が非常に多いです。

ですので

1周忌を目安にご購入することをオススメします。

そうすれば
1周忌の法要納骨※開眼供養(かいげんくよう)

3つ同時に行うことができ、非常に効率的に行うことができるのが大きなメリットです。

そのおかげで、親族が何回も集まる手間も省けます

※開眼供養(かいがんくよう) とは
仏像、仏画、仏壇、お墓などの完成の際に行われるもので

開眼法要(かいげんほうよう)」

入魂式(にゅうこんしき)」

魂入れ(たましいいれ、たまいれ)」

とも言われます。

工事期間を考えないと一周忌に間に合わない?

工事期間は場合によっては何ヶ月もかかる時があり

だいたい平均で2~3ヶ月と言われています。

この工事期間を考えておかなければ

1周忌の法要に間に合わないという事態になりかねません。

ですので余裕をもったスケジュールをお勧めします。

 

こちらにお墓の購入や建て替えの注意点

記事にしましたのでご参考ください。

建て替え時期のベストなタイミングは?

しっかりして丈夫な墓石ですが、外に置いてあるものなので劣化や風化で傷んだりするのはしょうがないことです。

墓石に

傷ができたりシミやカビやコケが生えたり

色が変わってしまったりと、

ひんぱんにお手入れをしていても

汚れが落ちない時などが修繕リフォームや建て替えの

ベストなタイミングです。

よく分からなければ、

専門家に見てもらうのが一番でしょう。

墓石の耐震を視野に入れたリフォーム依頼が多い

地震などで墓石と上台の間に生じる隙間が

ゆがんだズレたりしてしまうケースがあります。

そんな場合は墓石の耐震を視野に入れたリフォームも最近多いです。

近年は日本において大きな地震が多く

耐震を強化することで、後々かかる費用を節約できます。

墓石だけでなく

香炉・花立・供物台等の付属品が傷んできた場合

リフォームや建て替えのタイミングと言えます。

バリアフリー化を目的としたリフォームも多くなりつつある

お墓参りする人が高齢になり

うまく段差や階段が登れず

手すりやスロープなどを設置してほしいという依頼も

近年多くなっています。

 

こちらの記事でリフォームや立て直しの

工事に関する流れを説明しています。

お墓を建ててはいけない時期や避ける時期は?

結論から言うと

建ててはいけないタイミングは特にありません

昔からお墓を建てる日は「仏滅は縁起が悪い

などと言われてはいますが

実は根拠というものは無いんです。

ですが
「死んだ後の話を家族にされたくない」

もしくは
「生前にお墓を建てると不幸がありそう」という人も、

なかにはいらっしゃるでしょう。

しかし上記でも書いたように、生前にお墓を建てることは昔から

・「長寿(ちょうじゅ)

・「子孫繁栄(しそんはんえい)」

・「家内円満(かないえんまん)

とも言われ

縁起の良い」とも言われているのもまた、事実です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的な結論としては

建てる時期や建てたいお墓のイメージが明確にあるのであれば、

生前に建てておくのがベストだと思います。

実際にご自身が出向いてお墓の中を見て回り

お墓を立てた時のイメージをつかむことが出来きれば、

ご家族の方に説明や相談もしやすくなります

そしてなにより亡くなられた際にも

遺族がスムーズに立ち回っていただけると思います。

 

次の記事では

実際にお墓を選ぶポイントや

どういったものがあるのかを具体的に

紹介したいと思いますので

ぜひ今後の参考に覗いてみてくださいね。

この記事が少しでも

役に立ちましたら

こちらをポチッと押してもえらえると

嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事