キリスト教の葬儀はどんなもの?宗派による違いとは?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

葬儀と聞くと「仏教」での葬儀を
イメージする方が多いのでは
ないでしょうか

仏教や神道以外にも、
もちろん一般的に知られている
宗教はたくさんありますよね。
その中でも特にポピュラーなのが
「キリスト教」
ではないでしょうか?

Sponsored Link

しかし、身内でキリスト教の方が
いらっしゃらない場合、
その作法やマナーなどは
ピンと来ない方も多いのではないかと思います。

葬儀の流れを種類別に比べてみてみよう!
上記の記事では
日本でも代表的な

「仏教」
「神道」

の葬儀の流れの違いについて
まとめましたので、
今回はキリスト教の葬儀について
簡単な流れをご紹介いたします。

キリスト教式葬儀とは?

ec798c44b62c351a0c72ce2835164d69_s

キリスト教式葬儀は、
宗派・教会によって
葬儀の流れは多少異なりますが、
ここでは
「カトリック・プロテスタント」
の代表的な流れをご紹介いたします。

宗派による違い

カトリックでは通夜のことを
「通夜の儀」
プロテスタントでは
「前夜祭」
といい、神父や牧師が
世話役を勤め、
進行役も兼ねるのが
一般的とされています。

またキリスト教は
死者への供養という考え方ではなく、
故人の与えられた生涯を神に感謝、
神への礼拝という考え方です。

遺影写真や遺体に手を合わせたり、
拝んだりしないように注意しましょう。

同じように「弔電」を送る際であっても
選ぶ文面は気を付けなければなりません。
参考記事はコチラ↓
クリスチャンの葬儀に弔電って送っていいの?仏教との違いはどこ?

 

キリスト教式葬儀の特徴とは?

017bd9c83c7de95ba35b1849c05358ff_s

仏式葬儀の焼香であったり、
神式葬儀「葬場祭(神葬祭)」の
玉串奉奠などはありません。

また、御香典・御霊前など
ではなく「弔慰金」といいます

弔慰金(のし袋)の表書きは
基本的に「御花料」となりますが、
のし袋の水引はなくてかまいません。
(プロテスタントの場合は「忌慰料」

※「御霊前」という言葉は
仏教の浄土真宗や、
キリスト教のプロテスタントなど、
一部の宗教では認められていないとのこと。
混同して使用してしまわないように
注意しましょう!

また、仏式の通夜ぶるまいとは違い、
料理やお酒は出ず、
軽食、茶菓子が出されるのが
一般的のようですね。

キリスト教式葬儀(カトリック)の流れ

カトリックの葬儀は

  • 「入堂式」
  • 「ミサ聖祭式」
  • 「赦祈式」

の3つの儀式から成り、
いわゆる「告別式」はありません。

また、「ミサ聖祭式」は
洗礼を受けたカトリック信者だけのもので
故人がカトリック信者でない場合は
省略されます。

主な流れ

  1. 祈祷
  2. 聖歌合唱
  3. 撒水(聖水を棺に注ぐ儀式)
    聖歌斉唱の後、香炉と聖水を
    持った侍者を従えた司祭が
    棺の前に立ち、聖水をかけて
    故人の罪を清めます。
  4. 撒香
    香炉を振りながら
    棺の周囲を回り、
    故人の安息を祈る
    「撒香(さんこう)」を行います。
    祈祷・神父の追悼説教
  5. 聖歌合唱
  6. 弔辞・弔電拝読
  7. 葬儀委員長・遺族代表挨拶
  8. 撒水
  9. 一般参列者の献花と賛美歌(聖歌)
  10. 出棺

Sponsored Link



キリスト教式葬儀(プロテスタント)の流れ

プロテスタントでは
葬儀に厳格な儀式はなく、
葬儀と告別式を区分することも、
多くの教会がしていません。

また、「撒水」「撒香」もなく、
賛美歌献花が特徴です。

557d1d78d988a03f05a197eec875be48_s

葬儀はすべて協会側が
信者とともに準備し執り行いますから、
遺族・親族は何もする必要がありません。

主な流れ

  1. 前奏
    オルガンの賛美歌演奏
  2. 讃美歌斉唱
  3. 聖書朗読
  4. 祈祷
  5. 讃美歌斉唱
  6. 牧師より故人の略歴披露
  7. 牧師による葬儀の辞(説教)
  8. 祈祷
  9. 讃美歌斉唱
  10. 弔辞・弔電拝読
  11. 後奏
  12. 遺族代表挨拶
  13. 献花

また、「献花の作法」として
動画をご紹介いたしますので
参考としてご覧になってみてください。

いかがでしょうか?

「死」への考え方の違いによって、
実際に行われる儀式や
全体の流れもかなり違いますね。

これは代表的な宗教での違いですが、
その他の葬儀ではどうでしょうか?

宗教の違いの他に、
最近では無宗教として
「自由葬」
を行うという言葉も増えてきました。

次回は「自由葬」を選択する
メリットやデメリットについて
また、個人葬など、その他の
葬儀についてもご紹介していきますので
ぜひ参考にしてくださいね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら