冠婚葬祭という言葉は
あなたも良く聞きますよね?
結婚式やお葬式など・・・・・・。
よく聞く言葉だし、
必ず経験するものですよね。

スポンサーリンク

大まかな意味は
なんとなくわかると思いますが、
冠・婚・葬・祭、1つ1つの漢字が
持つ意味を知っていますか?

今回は今さら聞けない
冠婚葬祭とは何を指すのか、
ご紹介します。

冠婚葬祭とは?

冠婚葬祭とはそれぞれ

冠:元服(げんぷく)

婚:婚礼(こんれい)

葬:葬儀(そうぎ)

祭:祭祀(さいし)

を指します。
古来では、
日本人が生きて行く中で
必ず通過するこの4つの
大きな儀式が
生涯の中で最も大切な
催しとされていました。

現在では
人が生まれてからの生涯や、
亡くなった後に行われる
家族や親族での
催し物全体の事を言います。

元服(げんぷく)


[引用元:http://www.jwn.ne.jp/]

簡単に言うと、
元服とは成人式の事です。
元服は、奈良時代以降の男子の成人で、
数え年で12歳~16歳の男子が
氏神の前で大人の髪型に結い、
親から冠をつけてもらった儀式の事です。
女性の成人は
裳着(もぎ)と言いました。

現在の成人と言うと、
飲酒や喫煙の法的制限が
無くなる事くらいの意味ですが、
昔はその家の社会的地位によっては
親類縁者から祝いの品が
やり取りされたようです。

婚礼(こんれい)

婚礼とは男女が
夫婦になるときの結婚式の事です。

葬儀(そうぎ)

葬儀はお葬式
死者を弔う儀式です。

祭祀(さいし)

祭祀とはお盆や法事などで、
先祖代々の霊をまつわる行事の事です。
ご先祖様の霊をまつわる行事は
現在では様式化・儀式化も見られ、
正しく祭る事が大切です。

スポンサーリンク

冠婚葬祭はどれも大切な行事

冠婚葬祭はどれも
人生においてとても大切な催しであり、
日本の伝統を受け継いでいく
という面でも重要な儀式です。
昔から考えると現代では
どれも簡易化される事が多くなり、
それぞれの流れや正式なマナーを
くわしく知っている人も
次第に少なくなってきています。
これは時代の流れであるため、
仕方のない事ですが、
現在でも一般的なマナー
知らない人は冷たい目で
みられることも多いですから、
最低限のマナーや知識は
身につけておきたいものです。

まとめ

冠婚葬祭とは
1文字ずつに意味があり、
人が生まれてから生涯までを意味し、
どれも生きて行く中で通過する
大事な儀式の4つを
冠婚葬祭としているのですね。
1つ1つを通過する事により、
一人前の大人になれると
考える事ができます。
冠婚葬祭の意味を知ると、
1つ1つ人生の節目として
新たな人生として
スタートができそうです。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事