冠婚葬祭という言葉は
あなたも良く聞きますよね?
冠婚葬祭には4つの
各漢字には意味があり、
ライフイベントにおける
通過儀礼や重要な儀式を表しています。

スポンサーリンク

冠婚とは2つとも
おめでたい祝いの儀式を意味しています。
それとは逆に葬祭とは
人との別れの儀式、
ご先祖様を祭る儀式を意味しています。

これらの儀式には宗教や宗派によって
具体的な内容は変わりますが、
様々な礼儀作法マナーがあります。
このマナーや知識を知らずに
儀式に参加すると、
冷たい視線を浴びてしまいます。

そのような事が無いように、
事前に知識・マナーを
知っておきたいですよね?
今回は今さら聞けない葬祭時の
香典のマナーをご紹介します。

お葬式の香典マナー

香典とは、故人の霊前にお供えする
線香や供花の代わりとして
金銭をお供えします。
香典袋から書き方や
包む金額までマナーがあります。

香典の相場・避けるべき金額は?

香典の相場は、
家族や親族以外の
平均金額は5000円でした。
故人に対する関係性により
金額は変わりますが、
より親しいほど金額は多く包みます。

気を付けなければいけないのは、
タブーな金額がある事です。
偶数の金額は陰数
されているため、NGです。
他にも3=惨、4=死、9=苦
語呂に合わせ、NGです。

香典袋のマナー

香典袋の選び方は、
金額により分けるのがマナーです。

5000円までは水引が印刷された
簡易的な簡易袋で大丈夫です。

1~2万円の金額の場合は、
和紙に銀の水引を
かけたものがいいでしょう。

10万円以上であれば
和紙にひだ折りや銀紙が入っていて、
銀の水引が装飾されたもの
というように、
金額と香典袋の格式が
合った物を選ぶと良いでしょう。

香典袋の書き方

香典袋には、「御霊前」と書き、
下段には氏名を書きます。
香典袋に使用する毛筆は、
薄い物でも濃いものでも
どちらでも問題ありません。
薄い墨には、悲しみの涙で
墨が薄くなった事を表しています。
香典袋を渡す際は
裸で持参するのではなく、
必ず黒系か紫色の
ふくさに入れて持参しましょう。
お悔やみの言葉を一言添えて渡します。

スポンサーリンク

まとめ

大切な人の訃報やお葬式は
突然と訪れる事でもあります。
いざという時に困る事がないように、
事前にしっかりと
基本的なマナーを学んでおき、
当日に困る事・恥ずかしい事が
ないように準備しておきましょう。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事