神道の葬儀(神葬祭)って何?
仏式葬儀とどう違う?

日本の葬儀といえば、
大半が仏式の葬儀になります。

そのため、
神式葬儀(神葬祭)
(=神道で行う葬儀のこと)
と聞いても
パッとこない人の方が
多いのではないでしょうか?

もしくは、仏式葬儀と
あまり変わらないのではないかと、
考える人もいるかと思われます。

現に、私自身も違いを聞かれても、
「そういえば聞いたことないなぁ」
とボンヤリする程度でした。

4da48d8b3a763724bf398d3d04a3f640_s

実際に調べてみると
その違いに驚くばかりです。

神道と仏教における葬儀の意味は
全く違うものなのです。

今回はそんな神道と仏教における
葬儀のもつ意味の違いや
特徴をご紹介したいと思います。

神道と仏教における葬式の違いって?

一般的に仏教では
死は様相が変わる通過点
と考えられているので、
故人を偲び、
冥福を祈る為に
葬儀が行われます。

2bf906058cf864dfb8dc0173d12dbc4d_s

この冥福というのは、
冥土の幸福のことをいいます。

つまり「冥福を祈る」とは
「冥土の旅を無事に終えて、
幸せな世界に転生できることを
祈っています」
ということになりますね。

これに対して、神道では死後、
故人は幽冥(かくりょ)へと行き、
子孫を見守り
守護すると考えられているそうです。

そのため、神道の葬儀は
故人に守護神になってもらう為
行う儀式だといえるでしょう。

このことからわかるように、
実は先祖崇拝はもともと
神道の考え方だったんですね。

また、仏教の葬儀は
寺で行われることもありますが
神葬祭が神社で行われることは
ほとんどありません。

神道では死は

「穢れ(けがれ)」

であるとされ、
神社のような
神の鎮まる神域に穢れ(けがれ)を
持ち込むのは
良くないとされているそうです。

スポンサーリンク

神葬祭の特徴とは

002

神葬祭では、仏式とは違った作法や
神具を使用します。

初めての方は特に
戸惑われると思いますので、
神葬祭で使用される
神具等を簡単に紹介させていただきますね。

諡号(おくりな/しごう)

仏教では故人に戒名や法名が
授けられますよね。
神道では諡号がそれにあたります。

諡号は名前の後につけられ、
男性の場合は大人(うし)
女性の場合は刀自(とじ)
となります。

(例:
○○大人命【○○うしのみこと】
○○刀自命【○○とじのみこと】等)

 

玉串(たまぐし)

仏式葬儀の場合、
焼香に抹香(粉末にされたお香)や
線香を使用しますよね。

しかし神道では、
榊(さかき)の小枝に紙垂(しで)
と呼ばれる白紙を付けた
玉串を使用します。

fcfaa245f4b1cdc5aa9d141c9d791f73_s

この玉串を捧げることを
玉串奉奠(たまぐしほうてん)
といいます。

祖霊舎(みたまや)

10181813_4e9d433512b1a

先祖の霊を祭るための
檜や欅でつくられた
神棚のことをいいます。

呼び方は色々あり

  • 霊舎(れいしゃ)
  • 霊家(たまや)
  • 霊棚(たまだな)
  • 霊床(たまとこ)等

とも呼ばれます。

これは仏教での仏壇にあたり、
「本来仏壇は仏像を祭るもの」
に対して祖霊舎は
「先祖の霊を家の守護神として祭る」
という点に違いがあります。

 

 

こうして見てみると神道と仏教では
そもそもの死の考えが異なり、
それによって葬儀のもつ意味合いも
かなり違うことがわかりますね。

死に対する考えが違う
ということは、
参列するときの
作法や注意するべき点も違ってきます。

そこで次回の記事は、
神葬式に参列する際の
作法や注意すべき事柄を
ご紹介したいと思いますので
ぜひ参考までに
覗いてみてください。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事