昔とは違う?現代の嫁入り道具とはどんなもの?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

大切な彼からプロポーズをされて
無事に結婚がきまると、
結婚式に向けての準備が始まります。
二人の新たな門出を祝う
結婚式が無事に終わると、
二人の生活が始まります。
結婚準備も忙しいものですが、
それと同時に新生活
準備をしなくてはいけません。

Sponsored Link

あなたは新生活を送る上で、
嫁入り道具として
何を持っていきますか?
嫁入り道具として、
昔はタンスや着物などを
持って行くと言われていましたが、
最近はどのような物を
持っていくのでしょうか?

今回は最近の結婚準備事情、
嫁入り道具について調査してみました。

嫁入り道具とは?

昔から日本に伝わる
伝統儀式の1つで、
嫁いでいく娘に何不自由しないで
生活してもらうための
準備として持たせる
荷物一式の事を言います。
結婚前に行われる結納の儀式では
男性から女性に結納金を頂きます。
それに対し、女性からの
お返し的な品の意味があると
されていました。

代表的な嫁入り道具

db2f341a97a0b6681ece0e57d279821b_s

嫁入り道具
代表的なものとしては
家具、寝具、着物、喪服、食器など、
生活に必要な物が挙げられます。

桐でできた大きなタンスや、
大きな鏡がついたドレッサー、
食器棚など、
豪華な物を用意するようです。

Sponsored Link
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

現在の嫁入り道具は?

現在では、大きな桐タンス、
ドレッサー、食器棚をもらっても
喜んでもらえませんよね。
もちろん、伝統的な儀式を
大事にしているお家もあるでしょうが、
多くの女性にとっては、
自分のライフスタイルに
合った物の方が喜ばれることでしょう。
マンションではそんなに広くないし、
最初からウォークインクローゼットが
付いている物件が多いですよね。
着物も、普段着る機会は
あまりないですし、
保管するのも定期的に
手入れをしなければなりません。

と言った現代ならではの理由から、
結婚準備としての嫁入り道具
あまり必要性を感じられなく
なってきているようです。
とはいえ、親からすると、
娘に生活に必要な物を
一通り贈りたいというのが親心です。
昔とは生活スタイルも
変わっているため、
着物やタンスではなく、
何か形として残るものを
贈りたいと思うものです。
今すぐに自分では買わないものでも、
将来いずれ必要となるものとしては、
数珠パールのネックレスなど、
1つは持っておくと重宝します。

9e0d9650f28e7e9775da7d89553ea7e4_s

まとめ

嫁入り道具とは
娘が新生活に困らないように、
生活に必要な一通りの物を贈る
という母親からの想いが
込められているのですね。
時代がかわり、
昔のような豪華な物ではないにしても、
何かを持たせて送り出したいという
親心を大切にし、
ありがたく受け取るのも
親孝行なのかもしれませんね。
娘の末長い幸せを願っている
親心を大切に受け取りましょう。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら