晴れて大好きな人との
結婚が決まったら、
婚姻届を提出することになります。
婚姻届も一生に一度の提出ですので、
披露宴や結婚式とは
別の緊張感があると思います。

スポンサーリンク

婚姻届は365日24時間いつでも
受け付けていますが、
特に休日や夜間に提出する場合
万が一書類に不備があった場合、
翌日や週明けに
受理されてしまう事があるため、
せっかく記念日に提出しようとしても
受理されなかった!
という事のないように、
今回は婚姻届を提出するための
事前準備・用意すべきものについて
ご紹介します。

婚姻届をもらってこよう!

2de175ed76b5ae280ecb86978e129c61_s

婚姻届は全国どこの役所・出張所に
行ってももらえます。
最寄りの市町村区にある
役所・出張所の戸籍課でもらいましょう。

書き損じがあった場合のために、
2~3通もらっておくと安心です。

スポンサーリンク

準備しておくもの

印鑑

役所に提出する場合、
婚姻届に不備があった場合の
訂正印として使いますので、
二人の旧姓印鑑を用意してください。

身分証明書

本人確認ができる写真が
貼り付けられている運転免許証
パスポートを用意します。
婚姻届を提出する際に、
本人かどうか確認されます。

戸籍謄本

結婚前の本籍地と違う役所に
提出する場合に必要となります。

戸籍謄本のもらい方

戸籍謄本は戸籍がある
役所のみでもらう事ができます。
戸籍がある役所・出張所へ行って
発行してもらいましょう。
本籍地が遠い場合は
郵送でも取り寄せる事ができますが、
手元に届くまで1~2週間かかりますので
事前に請求方法や手順を確認して
早めに手続きをしましょう。
本人や家族以外の方でも
委任状などがあれば申請することもできます。

婚姻届の提出方法

607152

基本的には結婚する二人揃って
役所窓口に提出しましょう。
都合が悪い場合は代理人でも可、
遠方の場合は郵送でもできます。
窓口は365日24時間いつでも
受け付けできます。

提出時の注意点

しかし、休日夜間
預かってもらう形となり、
内容確認は行われないため
書類に不備があると後日訂正する形となり、
受理日(入籍日)もずれてしまいますので
注意しましょう。
結婚前のどちらかの
本籍地の役所に提出して、
婚姻届受理証明書をもらって
手続きが完了となります。

まとめ

婚姻届を書く際は
緊張してしまいますよね?
書き損じの場合も考えて、
2~3通もらっておくと、安心です。
しっかり確認しながら
慎重に記入していきましょう。
平日の日中に提出することが
難しい場合は、
休日や夜間も受け付けはできますが
書類に不備が合った場合は、
後日訂正しなければいけませんので
特に記念日を入籍日としたい場合は
注意してください。
提出しに行く時は、
必要な物を持って
役所に出向いてくださいね。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事