結婚資金はいくら貯めればいいの?結婚費用の平均は?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

結婚はこれからの一生を
共にする伴侶を見つけた
とても素敵な人生最大の
ライフイベントと言っても
過言ではありません。

Sponsored Link

しかし、
人生最大のイベントであるが故に
結婚の事前準備も予想以上に
大変なものなのです。
結婚の準備にあたり、
一番不安なのは
金銭面ではないでしょうか?
挙式・結婚式にはお金がかかります。
そして、結婚式前にも
準備金としてお金がかかります。

一体何にどの位の金額が
かかるのでしょうか?

今回は結婚式前までにかかる
一般的な金額を調べてみました。

結婚資金となるお金は大きくわけて3つある!

67a8da3e59365e0cadd87505ec905ab1_s

まずは、自分達で貯めている
自己資金です。
婚約までに自分達で
お互いに貯めてきたお金、
結婚が決まってから貯めていた
二人のお金が自己資金です。
結婚前にどのくらいの
貯金をしてきたかがポイントとなります。

次に、親からの援助金です。
両親から、援助金として貰わなくとも
結婚祝いとして貰う方が多いです。
自己資金では
足りない部分をカバーします。

最後はご祝儀です。
ご祝儀と言っても
ゲストの人数が増えれば増えるほど
ご祝儀額は高くなりますが、
その分支払う費用も高くなるため、
あまり当てにしない方が
よいかもしれません。

婚約に必要な金額

婚約にあたり、
お金が必要な儀式として
結納・婚約指輪の準備があります。
地域やカップルにより
結納や顔合わせの内容も異なりますが、
一般的に154万円程度かかるようです。

Sponsored Link
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

挙式・結婚式に必要な金額

挙式では、結婚指輪が必要となります。
披露宴では引き出物や
おもてなし料理を準備しますが、
これもカップルによっては
内容が異なり金額にも差が出てきますが、
一般的に315万円程度
必要とされているようです。

花嫁さんの美容代

2eaf68c9f246ffa0903ac730a126bbf3_s

一生に一度の花嫁姿ですから
当日一番きれいな姿で
結婚式を挙げたいですよね?
それにはしっかりと
美容の準備をして、
予算をたてておきましょう。
ネイルやエステなど
花嫁さんの美容関係の平均は
7万円となっています。

まとめ

プロポーズをされて、
とても幸せ絶頂であると共に
そこから結婚式までの
忙しい準備の始まりです。
結婚式までには多くのお金を必要とし、
結婚式以外にも、
ハネムーンや新生活に向けて
お金もかかります。

実際に支払った総額は
アンケート調査の結果、
平均は519万円となっています。
もちろん、
こだわりを持ったカップルは
もっと高くなりますし、
抑えるところは抑えると
支払い金額も抑える事ができます。

結婚前に貯めてきた
お互いのお金をどう使うのか、
これからどのようにして貯めるのかなど、
きちんと二人で相談しておくと
よいですね。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら