あなたは死後の事を
考えたことはありますか?
あまり考えたくないものでありますが、
死後入るお墓はありますか?

スポンサーリンク

お墓を建てるためには
費用もかかりますし、
管理も決して簡単なものでは
ありませんよね。
そして、代々
引き継いでいく必要があり、
お墓を持つことは
意外にも労力を要するものです。

そこで、お墓は様々な
労力を必要とするため、
お墓がない方や
継承者がいない方に代わり
寺院などが永代に渡って
供養・管理するお墓(永代供養墓)
が増えています。

今回は、何らかの事情により
お墓を持てない方や、
継承者がいないため
お墓がない方が埋葬される
永代供養墓についてご紹介します。

永代供養墓って何?

img_3763
[引用元:http://hizaiji.net/index.html]

永代供養墓とは
多くの方達を一緒に納骨できる
お墓の事を言います。
合祀墓(ごうしばか)
合葬墓(がっそうぼ)とも言います。

合祀とは二柱以上の神・霊を
1つの神社に合わせまつわること、
ある神社を他の神社に
合わせまつる事という意味です。
合祀墓とは合わせて祀る、
多くの方を納骨して祀る
という事になりますね。

合祀墓はどのような方でも納骨でき、
眠る事ができるお墓です。

合祀墓の注意点

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

合祀墓は合同のお墓ですので、
他の方の遺骨と一緒に埋葬します。
そのため、後から故人の
遺骨を取り出す事はできません。
後々、後継者が出来たり、
新たなお墓を建てて
そこに埋葬しようとしても、
一度合祀した遺骨は
取り出す事はできないため、
十分に話し合ってから
埋葬しましょう。

最近では、遺骨を郵送で送り、
永代供養を引き受ける
ケースもありますが、
必ず遺族は現地を
見学してから決めましょう。

スポンサーリンク

合祀墓には3つのタイプがある

①個別に遺骨を納めるタイプ

②最初から他のご遺骨と
一緒に埋葬するタイプ

③①と②の中間で
遺骨の半分を骨壷で納め、
残りを他の遺骨と一緒にするタイプ

どのような形で
故人を供養するかは
家族や親族と十分に話し合いの元
選んでください。

まとめ

ご先祖様の供養の方法も
時代の流れによって
変化しているようです。
昔は考えられないような方法でも、
最近では家庭の事情や
金銭的な問題により合祀、
合葬儀の施設も
増えてきているようです。

家庭による様々な事情や
経済的な面問題もありますが、
お墓参りは、家族や親戚の絆を
深める機会でもあります。
お墓はどんなタイプであっても、
故人にとっては最後に住む
大切な住み家です。
故人のためにも、
故人に合った供養の方法を
選んでみてはいかがですか?
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事