人が亡くなると、
残された家族や遺族が
故人のためにお墓
建てなければなりません。
生前にお墓を
建てる方(寿陵)も多いようです。

スポンサーリンク

お墓を建てた後、
一般的に行われる儀式
どのような供養があるのか
知っていますか?
お墓参りはあなたも
行った事があると思いますが、
今回、お墓を建てたあとに
行われる一般的な
儀式・供養について調べてみました。

お墓を建てた後の供養

まず、お墓を建てた後
すぐに行われる供養として、
開眼供養を行います。
お墓を建てた後のお墓石は
単なる石にすぎません。
そこにご先祖様の魂を入れ、
命を吹き込む供養です。

※開眼供養についてはこちらの記事
【魂入れってなに?いつ行えばいいの?必要なものは?
でも紹介していますので、
是非参考にご覧ください。

次に、お墓に納骨する法要を行います。
これを法要納骨といいます。
既にお墓がある場合は、
故人の四十九日法要の時に
同時に行う事が一般的です。
納骨の時期は
宗教や宗派により異なり、
火葬後すぐに納骨する場合や
初七日法要と同時に
行う場合もあるようです。

スポンサーリンク

お墓参りの供養

お盆の時期にお墓参り

ac70b7844794ab60a737f413a6b7732b_s

お盆とは7月13日~16日を指しますが
地域によっては8月となります。
お盆にはご先祖様が帰ってくると
されているため、
迎え提灯を持参し
お墓の前で火を灯し精霊をお連れします。

お彼岸の時期にお墓参り

春彼岸:3月17日~23日
秋彼岸:9月19日~25日
この2つの時期にお墓参りを
する方も多いと思います。
これはお彼岸の期間が
あの世とこの世が一番近くなり、
最も通じやすくなると
考えられているため、
お墓に向かいご先祖様を偲び、
故人と向き合う日と
されているからです。

年忌法要

%e8%87%aa%e5%ae%85%e3%81%a7%e6%b3%95%e8%a6%81
[引用元:http://www.daikakuji-jodo.or.jp/]

一般的に法事と呼ばれる法要です。
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌・・・
三と七の年度に行います。

まとめ

お墓参りは先祖の方に
感謝の気持ちを込めて
偲ぶための大切な行いです。
お墓は亡くなったご先祖様への
感謝と供養の気持ちを
伝える大事な場所です。

お墓を建てた後の
お墓参りは一般的に、
お盆、春秋のお彼岸、
故人の命日に行う事が多いですよね。
お墓参りをする際は
持ち物もしっかりと確認し、
気持ちを込めて綺麗に掃除してあげ
お花をきれいな水で生け、
お供え物を置き、
お線香をたいて手を合わせることで、
ご先祖様もすがすがしい気持ちで
見守ってくれていると思います。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事