お墓の納骨室(カロート)には
ご先祖様の遺骨が納められています。
お墓は代々受け継がれているものですから
納骨室にはどのくらいの
遺骨が入っているのか、
まだスペースはあるのか?
など納骨室の状況確認したい
場合もありますよね?

スポンサーリンク

さて、お墓の納骨室のフタは
自分で開けても
良いものなのでしょうか?
普段のお墓参りの際は
中を見るような事はありませんが、
誰かが亡くなった際に
骨壷を入れるスペースが
もうなかった!
なんて事にならないように
定期的に確認しておきたいですよね。
墓石を自分で開けるには
少し勇気がいりますし、
怖い気もします。

お墓の蓋を自分で開けてもいいのか、
開ける場合は正しい開け方はあるのか?
一緒に学んでおきましょう。

お墓の蓋(フタ)は自分で開けてもよいの?

img_01
[引用元:http://www.ohaka-ryoshin.net/index.html]

答えはYES!
お墓は遺族が
管理している物ですから、
お掃除をする際や
納骨室の状況を確認するためにも、
開ける事は管理する中の1つです。
お参りをしてお掃除をする際には
蓋を開けて風通しを
よくすると良いですね。

スポンサーリンク

蓋を開ける正しい手順は?

お墓のデザインは様々ですが、
ここでは一般的なお墓の
蓋の開け方をご紹介します。
ほどんどの場合、
墓石の石室に蓋石があります。
蓋石を斜めにしてからその
下にタオルを敷き、
横にずらします。
墓石に傷がつかないように
細心の注意をしてくださいね。
傷防止のためにタオルを使用します。
蓋石をずらすと、
納骨室の中が見えてきます。
骨壷は一般的に
奥の左から右にかけて
古いご先祖様の順に
並んで置いてあります。
一番手前の右側が
新しい方となります。

自分で開けられるか不安な場合は

d53775547af2ce55223494c9fc8ee6c7_s

自分で蓋を開けるのに
自信がない、怖い場合は
お寺の方に読経(どっきょう)して
もらうのがよいでしょう。

墓石に傷がついてしまう
心配がある方は、
石屋さんに頼めば安心ですね。
蓋石を閉まる時にも
傷がつかないように注意し、
雨水などが入らないように
きっちりと隙間なく閉めてください。

まとめ

お墓の中を覗くことは、
中の状況を把握しておくためにも
大切な管理の1つなのですね。
なかなか中を開ける事は
ないと思いますが、
いざ、納骨しようとした際に
骨壷を納めるスペースが
なかったら困ります。
万が一スペースが
足りなくなった場合は、
分骨をする事をお勧めします。

※分骨についてはこちらの記事
遺骨を手元供養したい!分骨に最適のタイミングは?
でも紹介していますので、
是非参考にご覧ください。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事