お墓を建てる時のポイントは?どんな場所に建てればいい?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

日本では縄文時代から
死者を埋葬する習慣がありました。
お墓にまつわる歴史はとても長く、
お墓の形は時代によって
変化しているものの、
死者を埋葬し、供養する形は
現在まで引き継がれています。

Sponsored Link

人が亡くなると、
残された家族遺族
故人のためにお墓を
建てなければなりません。
お墓を建てるのは
費用もかかりますし、
そう簡単にお墓の引っ越しも
できないし、
お墓参りも定期的に行うため
建てる場所についても
悩むと思います。

今回はどんな場所に
お墓を建てるべきなのか、
調べてみましたのでご紹介します。

お墓を建てる場所を選ぶポイント

21e265467be655980d5bc92eefab1783_s

墓地を選ぶポイントとして
頭に入れておかないといけないのは
自分一人の墓地ではない事です。
墓地は自分を含め、
代々受け継がれていくものですので
家族や親戚との相談が必ず必要です。
皆の意見を取り入れながら、
何を優先するのか、
皆がお参りに行ける場所を
選びましょう。

立地条件

お墓は建てて、
納骨したら終わりではありません。
これから何十年と
代々受け継がれていき
お墓参りが行われていきます。
家族、親戚の皆が
定期的にお参りをするため、
立地条件はとても大切になります。

距離だけではなく、
公共機関を使用して行けるか
車で行った場合など、
様々なケースを想定しましょう。
お墓の周りの環境も、
自然が多い場所、静かな場所、
街中にある環境なども
考えるとよいですね。

宗教

墓地によっては宗派
限定されている場合がありますから、
宗派を確認しておきましょう。

墓地内の設備

墓地の敷地内に特に豪華な設備は
求めないと思いますが、
駐車場トイレ水くみ場など
最低限必要となる施設について
調べておきたいですね。
高齢の方もお参りするので、
バリアフリーになっているか
傾斜はないか、
調べおくといいですね。
休憩所があると安心です。

Sponsored Link
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

公営墓地・民営墓地・寺院墓地の違いは?

墓地には大きく分けて3つがあります。

公営墓地

地方自治体が
管理・運営している墓地です。
永代使用料や管理費は
低く設定されており、
抽選が行われるくらいに人気です。

民営墓地

お寺が経営の主体となり、
財団法人や社団法人に
経営が許可されている墓地の事です。
明るい雰囲気が多く、
駐車場や法要の場所などの
設備が充実している所が多いです。

寺院墓地

fdc349ca37f1f20d306db28b444f1125_s

多くはお寺の
境内にある墓地の事です。
お墓を所有することは
檀家になる事を指し、
宗派はその寺院の教えに従います。
墓地を管理するお寺側と
購入する側の結びつきが
強いのが特徴です。

まとめ

お墓を建てるにも
3つのタイプがあるのですね。
それぞれにメリット・デメリットが
ありますので、
まずは見学に行って
相談してみると良いと思います。
墓地を一度建てた場合、
簡単に引っ越しはできません。
家族や親族とトラブルに
ならないためにも、
よく相談して
決める必要があります。

内容を把握しないまま
焦って契約をしてしまい、
後悔しないようにじっくりと
後悔の無いように見極めましょう。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら