人が亡くなると、
残された家族や遺族が
故人のためにお墓
建てなければなりません。

スポンサーリンク

お墓は建てる最初の
費用もかかりますが、
その後もお墓を管理する
維持費もかかり、
維持費は残された子孫が
払っていくため、
とても大事な事です。

残される家族にあまり
負担をかけたくないですよね?
残された家族が払って
いけなくなることの無いように、
今回はお墓にかかる維持費
メンテナンス代についてご紹介します。

お墓にかかる維持費はどんな事にかかるの?

お墓を建てたあとに
かかる費用として、
大きく二つあります。
「管理料」「掃除代」です。
お墓のメンテナンス費も
考えてしまいますが、
お墓は地震など
余程のことがない限り
倒壊することはありませんので、
掃除をしておけば
半永久的にきれいに保つ事ができるため、
メンテナンス費はほとんど必要ない
考えてよいでしょう。

スポンサーリンク

管理料

21e265467be655980d5bc92eefab1783_s

管理料とは
お墓の墓地は購入するのではなく、
賃貸なため、アパートなどと同様に
共益費にあたる管理料がかかります。

管理料の内訳としては、
お盆やお彼岸のお墓参りの際に
水道を使えるようにしたり、
水をくむ桶などを綺麗な状態で
使えるように用意したり、
ゴミ処理、墓地内の整備、
掃除などお参りした際に
皆が気持ちよく使えるようにする
運営資金となります。

その墓地により異なりますが、
施設内にある設備を全て
掃除してくれたり、
個々の区画内にある古い花や
線香を掃除してくれる墓地もあれば
共用部分のみの掃除をしてくれるなど
墓地により様々です。

霊園によって何が違うの?

一般的に、公営霊園は安く
民営霊園は高いようです。

公営霊園

市区町村が運営しているため
維持費は安めで1000円~1万円/年
程度となります。
地方自治体が主に運営しているため、
管理費なども抑えられ安く済みます。

民営霊園

民営霊園は民間企業や団体が
運営するもので、
地域や設備により
金額は大きく変わっていきます。
墓地の広さにもよりますが、
5000円~14000円程度の
維持費がかかります。

御布施や寄付って?

お坊さん 黒

その他に、○回忌法要や
法事の場合に御経をあげてくれた
僧侶に対してのお礼をお布施といい、
特に決まった金額はありませんが
お支払いします。

お寺や檀家の場合は
一口○万円というような形で寄付します。

この寄付金はお寺の運営にかかる費用を
寄付という形で集めるのです。

まとめ

お墓は自分達のお墓の区画以外にも
歩道やトイレ、水道など
共益部分もありいつも綺麗に
管理されていますよね?

その管理費として、
お支払いする費用が管理費
ということになるのですね。

この維持費を払うのは
本家の長男が一般的ですが、
万が一後継ぎがいない場合や
支払いができなくなった場合に
だれが払うかなど
トラブルの元となるため、
兄弟や従兄弟姉妹と
話し合いをしておくと良いですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事