なるべくひんぱんにお墓参りに行き、お墓を綺麗にして、ご先祖様への挨拶を行いたいところですが、結婚就職転勤などの様々な事情により、お墓のある実家のある郷里を離れてしまっている方も多いと思います。

スポンサーリンク

最近ではご先祖様が眠るお墓が遠く、なかなか足を運べないため管理が難しく大変だという理由から、現在の生活拠点へお墓を移す方が増えてきています。

今回は、お墓の移す正しい方法や費用や注意点をご紹介します。

まずお墓を移動させることを改葬(かいそう)といいます。

Contents

改葬(かいそう)を希望している人の主な理由

①お墓の場所が遠くて管理が大変になった。

②親族が集まるには交通の便が悪かった。

③お墓を守ってくれる継承人がいなくなってしまった。

④お寺のご住職との関係が悪くなった。

⑤宗派(宗旨、宗教)が変わった。

 

交通の便や、継承人がいなくなたという一番の理由は、就職が理由で上京して、生活の拠点を都心に持つことで、お墓のある故郷には戻る予定が無い、という理由が多いようです。

スポンサーリンク

改葬にあたって特に不安だったこと

やはり1番心配されるのが費用です。

そして2番目に心配されるのは改葬に必要な手続きが分からない、というものです。

改葬に向けて、まず何から始めれば良いのか全く分からないという方が本当に多くいらっしゃるのでそのあたりを徹底的にご説明していきますね。

そもそもお墓は自由に移す事はできるの?

19e0d06715a9eb3d323ac8f56ba36540_s

じつは改葬は自由に行う事はできません。

お墓には先祖代々のお骨が埋葬されているため、遺骨を新しい他の場所に移す際は役所の許可が必要なのです。

お墓に関しての法律もあり、許可なく改葬した場合は厳罰の対象になる可能性もあるため、正しい順序で行いましょう。

役所の手続きが分からない

手続きに必要な改葬許可申請書は移転元の墓地が存在する地方自治体で行います。

まず順番にご説明していきますね。

お墓の改葬(移動)の流れ10ステップ!!

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

①引越し先の墓地を探す

まずご家族の方と話し合い、次の改葬(移動)先の墓地を探します。

親族が集まる際の交通の便や、目的にあった墓地をしっかり調べてみてください。

そして新しいお墓が決まったら・・・。

②墓地使用許可証または受入証明書の発行

次の新しいお墓の管理者からA.墓地使用許可証または、A.受入証明書発行してもらいます。


墓地使用許可証引用→http://ur0.work/NbEq)


受入証明書引用→http://ur0.work/NbEr)

③新しい改葬(移動)先に建てるお墓の契約

墓石の石の種類や、色、デザインなどを決めて、刻む文字を決め、最後に契約します。完成までにはだいたい3か月ほどかかりますので、納骨の日をよく確認して、その日から逆算して3か月前には契約しましょう。

④元のお墓がある管轄の地方自治体(役場)から改葬許可申請書をもらう

お役場からB.改葬許可申請書を発行してもらいましょう。自治体ごとに書類の形式が違いますので、必ず元の墓地のある地域を管轄している役場から取り寄せて下さい(だいたい一週間くらいかかる場合もあります)。


改葬許可申請書引用→http://ur0.work/NbEx)

自治体によっては最近ですと、ホームページからダウンロードしてご自宅のプリンターで印刷できたりします

⑤元の墓地管理者から埋蔵証明書を発行してもらう

C.埋蔵証明書いわゆる、この場所にご遺骨を埋葬してありましたよ、という証明書になります。

納骨堂(のうこつどう)に埋葬されていた場合は、発行してもらう書類は、C.収蔵証明書になります。


収蔵証明書引用→http://ur0.work/NbGI)

※C.埋蔵証明書改葬許可申請書と一体となっている場合があるので、その場合は発行してくれないケースもあります。

⑥A.墓地使用許可証またはA.受入証明書、B.改葬許可申請書、C.埋蔵証明書を市町村役場窓口へ提出

A.墓地使用許可証またはA.受入証明書、B.改葬許可申請書、C.埋蔵証明書を市町村役場窓口へ提出して、D.改葬許可証を発行してもらいます。


改葬許可証引用→http://ur0.work/NbEN)

ただ自治体ごとに提出するべき書類が違いますので、前もって確認した穂が良いですね。

⑦閉眼式(へいがんしき)および魂抜き(たまぬき)

閉眼式および魂抜きと呼ばれる儀式を、寺のご住職にお布施(おふせ)を払ってお願いします(平均相場1~3万円)。骨壺の取り出しは親族(ご自身)もしくは石材店の方がやってくれます。

⑧骨壺(ご遺骨)の取り出し→移動→補完する

ご遺骨の移動(移送)

ご遺骨(骨壺)はやはりご自身で運ばれたほうが安心ですが、移動距離やご年齢による体力の問題で少し難しい場合は、専門業者にお願いすることも出来ます。

ご自身で運ぶ際には、衝撃で骨壷(こつつぼ)が割れてしまわないように何か厚手の布で包んで運んでください

ご遺体が土葬の場合の注意点!

ご遺体の埋葬方法が土葬(どそう)の場合は必ず火葬してからご遺骨の回収になります。

ですのでご遺骨の取り出しの際に、元のお墓の※墓じまいで対応してもらう石材店のかたがいるので、その石材店にお願いすると、近くの火葬場を案内してくれますので、確認してみましょう。

墓じまいとは、お墓を無くすというという意味ではなく、改葬の際の流れの名称の一つ。(例:墓じまいを終え、次の埋葬先へご遺骨を納める=改葬)

⑨次の新しい墓石の工事→完成

基礎工事から墓石の設置などが終わり、完成した後に引き渡されます。

⑩魂入れ(たまいれ)・開眼法要(開眼供養)を行う

開眼供養(かいがんくよう)開眼法要(かいがんほうよう)とは、お墓を新しく建てた時に、行う法要の事を言い別名、入魂式(にゅうこんしき)魂入れ(たまいれ)仏壇開きとも呼ばれます、料金はだいたい1~3万円でご住職のお車代や※御善料(おぜんりょう)含みます、渡す際は、お布施とお車代は別の封筒を用意してください。

※御善料(おぜんりょう)とは法事を行う僧侶の方などが会食などの食事に参席なされなかった際に、御膳の代わりに出すお心づけ(お布施)のこと。


(引用→http://ur0.work/NbGM)

ただ、浄土真宗では開眼供養はしませんが、代わりに御移徙(おわたまし)という法要を行います。

そのあとにお墓にご遺骨を納骨します。

納骨時にはD.改葬許可証または、A.墓地使用許可証が必要になります。

寺院墓地からのお墓の移動(改葬)の注意点!

墓地には種類があり、公営墓地民間霊園寺院墓地etcといくつかありますが、お寺が運営母体である寺院墓地の場合は注意が必要です。


引用→http://ur0.work/NbES)

寺院墓地からお墓を改葬(かいそう=移動)する場合に、檀家(だんか→お寺を支援するお家)を抜けることになるので、お寺に払う年間の護寺会費(ごじかいひ)や法要の際に払うお布施(おふせ)などを、その後は払う必要はありませんが、離檀料(りだんりょう)請求される場合があります。

では離檀料(りだんりょう)とはいくらなのでしょうか?

離檀料の相場は?(寺院の檀家をやめる際に支払うお金)

明確な料金が定まっていないことが多く、地域によっても金額が変わり、お付き合いの度合いによっても変動するそうです。
だいたいは法要料金と合わせて、10万円~20万円が相場となっています。

そのお金を元のお墓があったお寺のご住職に払います。

では元あったお墓の解体費撤去費はいくらなのでしょうか?

墓石の解体および撤去費用はいくら?

だいたいのお墓の解体および撤去費用は1平米(1m×1m)あたり20万円~40万円かかります(お願いする石材店に支払います)。

ですが寺院墓地などでは指定石材店制度により、そのお寺がお付き合いしている石材店にしか工事をさせない場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

墓石の運搬費用(次の新しい墓地で前の墓石を使用する場合)

運送会社に依頼する場合は輸送距離が100キロ以内であれば20万円以下ですみますが、お墓の撤去をお願いした石材店から運搬会社へ依頼してもらった方が、漏れがなく、さらに料金も安くことがあるそうです

新しいお墓の費用はいくらくらい?

新しい墓地管理者と石材店に支払う費用はだいたい120万円から300万円とされています、墓地の種類や、購入区画の広さ石のグレードにより変動します。

けっきょく改葬にかかる時間と費用の総額はいくら?

改葬にかかった期間は3か月から10か月の間がもっと多く、かなり時間がかかるものです。

改葬にかかる費用の総額は、全国平均で約250万円くらいで、その内訳は元の墓地でかかった費用が約50万円移動費などで約20万円新しい移動先の墓地で約180万円くらいと言われています。

まとめ

お墓の引っ越しは家の引っ越しとは異なり、事務的な書類の他、宗教上の儀式や供養などが必要となり、なかなか普段の生活の中ではわからないことがたくさんありましたね。
お墓自体の引っ越しとともに、眠っているご先祖様の魂も引っ越しもしなければならないため、お寺の僧侶にお願いして法要を行ってもらう必要があるとは今回私も初めて知りました。
これからも、私が実際に体験したこと、知らずにいて「へ~!」と思ったことを忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも役に立ちましたらこちらをポチッと押してもえらえると嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事