なるべく頻繁にお墓参りに行き、
お墓を綺麗にして、
ご先祖様への挨拶を
行いたいところですが、
結婚就職転勤などの
様々な事情により、
お墓のある郷里を
離れてしまっている方も
多いと思います。

スポンサーリンク

最近では
ご先祖様が眠るお墓が遠く、
なかなか足を運べないため
管理等が難しく
大変だという理由から、
現在の生活拠点へ
お墓を移す方が増えてきています。

今回は、これから
お墓のお引っ越し
考えている方は必見!
お墓の移す正しい方法を
ご紹介します。

お墓は自由に移す事はできるの?

19e0d06715a9eb3d323ac8f56ba36540_s

お墓を別の場所へ
移す事を改葬といいます。
改葬は自由に行う事はできません。
お墓には先祖代々の
お骨が埋葬されているため、
遺骨を新しい他の場所に移す際は
役所の許可が必要なのです。
お墓に関しての法律もあり、
許可なく改葬した場合は
厳罰の対象になる可能性もあるため、
正しい順序で行いましょう。

スポンサーリンク

改葬の手順

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

お墓を改葬させたいと思っていても
なんだか手続きがややこしそうで
どこから手をつけていいのか
わからないという人もいらっしゃると
思います。
そんなあなたのために改葬の手順を
ご紹介します。

新しいお墓を購入

まず、どこに改葬するのか
新しいお墓を購入します。
役所へ改葬許可申請する際に、
移転先の管理者の受入証明書が
必要となるからです。
現在の石碑を
そのまま移転する場合は
移転先側に可能かどうか
許可をもらいましょう。

役所から許可が出たら

改葬は役所で法律上の
事務手続きだけで済ませば
よいものではありません。
お墓から遺骨を取り出す際は
取り出す前に「魂抜き」
という法要をお寺に
頼んで行ってもらいます。
魂抜きは閉眼供養とも言い、
事前に僧侶にお願いし、
家族で法要を行います。

※魂抜きについてはこちらの記事
魂抜きってなに?仏壇やお墓ってそのまま処分したらダメ?
でも紹介していますので、
是非参考にご覧ください。

ご遺体が土葬されていて
遺骨が残っていない場合は、
埋葬されていた場所の
土をもって遺骨にかえます。
石碑を移転場所に移さない場合も
魂抜きをして管理者と相談の上、
処分してください。

移転後には

移転後は
移転先の新しいお墓でも
安らかに心地よく
過ごしていただくために
魂入れ(開眼供養)
納骨供養を行いお墓に
命を吹き込んでもらいます。

まとめ

お墓の引っ越しは
お家の引っ越しとは異なり、
事務的な書類の他、
宗教上の儀式や供養などが
必要となり、なかなか
普段の生活の中では
わからないことが
たくさんありましたね。
お墓自体の引っ越しとともに、
眠っているご先祖様の魂も
引っ越しもしなければならないため、
お寺の僧侶にお願いして
法要を行ってもらう必要があるとは
今回私も初めて知りました。
これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事