ゼロ死って何?お葬式やお墓がいらないゼロ葬!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

人が亡くなると、
残された家族や遺族が
故人のためにお墓
建てなければなりません。
お墓を建てるためには
費用もかかりますし、
管理も簡単なものでは
ありません。
そして、代々
後継ぎへと引き継いでいく
必要があります。

Sponsored Link

しかし核家族であったり
生涯独身を貫く人もおり、
代々守ってきたお墓を
継いでいくことも
容易ではないですよね。

そこで、お墓の様々な
労力を必要とするため、
最近はお葬式もお墓もいらない
「ゼロ死」が増えているのです。

今回は新たな終活として
増えてきている
「ゼロ死」
について調べてみました。

ゼロ死って何?

81b849e48eb13095bb0209b68a5a2162_s

ゼロ死とは
お葬式をあげないゼロ葬式、
納骨せずにお墓をもたない
ゼロ墓の両方を
合わせた形の考え方です。

最近は、自分の死後、
お葬式をしなくてもよい、
お墓を持たなくても良い
という考えの方が
増えてきている一方で
残される家族としては
本当にそれで良いのか?
という疑問が多いようです。

昔はお葬式をあげる
お金がないために、
お葬式をあげないケースが
多くありましたが、
最近ではお葬式をあげるのならば
そのお金を残された家族へ
残したいという考える人が
増えてきたのです。

ゼロ死の場合の葬儀・お骨はどうするの?

ゼロ葬儀は、お通夜や告別式は
行わずに火葬のみを行います。
遺骨はお墓に納骨せずに
火葬場で処分したり、
海に散骨したり、
樹木の根元に埋める樹木葬をします。
仏壇も持ちませんので
故人を偲ぶものは
遺影のみというスタイルです。

7ba64402e0c5a0e3f949b3b3dc385471_s

お葬式は費用もかかりますし、
残された遺族にも負担がかかるため
そのような労力を軽減するために
ゼロ葬式が増えています。

Sponsored Link



ゼロ死はトラブルの可能性もある

ゼロ死は火葬のみで、
遺骨は粉砕して他人のものと
一緒に合同の墓地に
納める事になります。
いくら、本人の希望とあっても
知らない人とお骨を一緒にするのは
遺族にも抵抗があるでしょう。
親族間で皆の同意を得ていない場合は
後々トラブルとなるため、
残される家族の事も考えて
念入りに話し合っておく必要があります。

まとめ

ゼロ死を望む場合は
生前から自分の意思を
周りの家族や遺族に話合いをして
納得してもらう必要があります。

故人のお骨は
他人のお骨と一緒になるため、
残された遺族の
精神的な問題も不可欠です。

お墓を建てると管理や掃除、
後継ぎ問題など様々な
労力を必要としますが、
お墓があるからこそ
ご先祖様との繋がり、
残された家族や親戚同士の
交流を深める点もあります。

お墓は供養する文化を
子孫代々に伝えていく
大事な役割もあります。

経済的な面では
メリットはありますが、
お葬式や法要を重ねることで
家族や親戚の悲しみも
癒される機会でもあります。
それらのメリットと
残される親族のデメリットを
考えながら、
慎重に話し合ってくださいね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら