お墓はいつからある?気になる歴史や墓石の形状とは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

人が亡くなると
まずはお葬式が行われ、
火葬された後、
遺骨はお墓へ埋葬されます。
亡くなった人をお墓に埋葬する
という風習の歴史はとても古く
現在でも日本の各地に
残されている古墳があるように、
古代から始まっています。

Sponsored Link

時代により
埋葬の形は様々に変わっていますが
死者を埋葬し、供養する形は
現在まで引き継がれています。

今回は、時代によって異なる
埋葬の仕方をご紹介します。
是非お墓の歴史を知っておきましょう。

お墓の歴史

昔から、死者は生命が誕生した
大地である土へ還すという
意味合いから埋葬されてきました。

お墓の始まりは縄文時代

日本でも古く、
縄文時代から死者を埋葬する
という風習があったそうです。
遺体はそのまま放置する風葬
遺棄葬が中心でした。

埋葬する際には
死者に悪い霊がついて
悪さをしないよう、
石を抱かせたりしていました。

弥生時代

c406_09
[引用元:http://www.yoshinogari.jp/]

その後、弥生時代には

甕感(かめかん)

木棺(もっかん)

石棺(せっかん)

に遺体を入れ、
埋葬するようになりました。

古墳時代

古墳時代に入ると、
大阪にある有名な前方後円墳のように
巨大な古墳が作られるようになりました。

しかし、この古墳
天皇や支配者階級の人に限ったもので、
支配者の権力を誇示するために
巨大化していったと言われています。

この巨大化するお墓を作るには
多くの人と時間がかかるため
大化の改新で「簿壮麗(ぼそうれい)」
という詔(みことのり)が出されました。

これは、これまでの
大規模な葬儀の儀礼を
縮小簡素化するものでした。

一般の民衆のお墓とは言うと、
これらのような巨大なお墓とは異なり
共同の埋葬地に土葬し、
その上に土を盛ったり
石や木の杭をたてたりしていたようです。

Sponsored Link



平安時代

平安時代に入ると、
貴族などの上流階級は既に
石を加工してお墓を建てていた
ことが分かっています。

鎌倉・室町時代

gorinnto
[引用元:http://iwamoto-stone.com/]

鎌倉・室町時代には
現代にも続いている仏教が広く普及して
位牌などの風習も取り入れられました。

この頃のお墓の形は
五輪塔(ごりんとう)
という形が用いられていました。

五輪とは仏教では
宇宙の全てを形成する
五大元素(地・水・火・風・空)
を意味し、人が亡くなると
形ある魂の肉体は五大要素に還る
という言われを形にしたものです。

江戸時代

江戸時代になると、
ご先祖様に対する供養お葬儀
仏壇お墓などの仏事が
一般の庶民の中にも浸透し、
仏教に対する信仰が確立しました。

この頃からお墓の形は角柱の
三段墓が始まり、
現在の一般的な形のお墓となっています。

明治時代

明治時代の頃から
人口が増えてきた事もあり、
大きな霊園が
作られるようになりました。

まとめ

お墓を建てて、
お墓を守っていくということは
亡くなったご先祖様への感謝と
供養の気持ちを伝え、
現在も明るく幸せに暮らす事が
できている感謝の気持ちを
伝える大事な場所です。

お墓の形にはとても歴史があり、
様々な形に変化していますが
何千年前から死者を埋葬し、
供養するという基本的な形や
想いは変わっていません。

残された家族皆で
お墓に行ってお墓参りをして
供養する姿を子供たちに
見せる事により
家族の繋がりの大切さ、
自然とご先祖様への
感謝の気持ちが子供達にも
備わってくるのですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前/山川 雅子
年齢/35歳
性別/女

はじめまして山川です。
自分が今まで経験した
冠婚葬祭での失敗をもとに
マナーや雑学について調べるようになり…
続きはこちら