招待状も出して
いよいよ待ちに待った結婚式当日
服装やご祝儀の準備も万端なあなた!

準備は大丈夫でも結婚式当日の
会場でのマナーを知っていますか?

スポンサーリンク

招待されて当日まず向かうのは
披露宴の受付です。

お祝いごとですから、
受付でもその場にふさわしい
マナーを知り、守りたいですよね?

今回は受付での挨拶や振る舞いなどの
マナーについてご紹介します。

受付ではまず最初に、きちんと挨拶をしましょう

20f10514f47055f2aab491dcfed92771_s

受付をしている担当者は、
新郎新婦招待側の代理人です。

まずはきちんと

「本日はおめでとうございます」

など、お祝いの言葉を言って
挨拶しましょう。

受付の方がわかりやすいように
まずは自己紹介から始め、
「新婦友人の○○です」
というようにどちら側での出席か
名前を述べると親切ですね。

受付以外にも、披露宴中や控室で
新郎新婦のご両親
会う機会もあることでしょう。

その場合にもお祝いの言葉
かけるようにしましょう。

スポンサーリンク

ご祝儀を渡す

c0b33f048be02108041121f40379e693_s

結婚式にはご祝儀を準備しておきます。
持参する際には、
ほとんどの方が袱紗(ふくさ)
包んで持参します。

ご祝儀をそのまま出すのはマナー違反で、
そのまま持ち歩くと
袋も傷んでしまうため
袱紗は大人として1つは
用意しておくと良いです。

受付で、挨拶を済ませてから
袱紗からご祝儀を出し、
袱紗を畳み、その上にご祝儀を置いて
受付の方にご祝儀袋の文字が
見やすいように向きを変え、
両手で渡します。

Sponsored Link



袱紗について

袱紗用途によって色も異なります。

基本的に結婚式などの
おめでたい行事には暖色系が使われます。

弔事の場合は寒色系が使用されます。

また、紫色の袱紗は
どちらにも兼用できますので、
これを1枚持っておくととても便利です。

ご祝儀を渡す直前まで
袱紗に包んでおきます。

取りだした後
袱紗はたたんで受付台に置き、
その上にご祝儀袋を置き
担当者に渡します。

芳名帳に記入する

用意されている芳名帳に丁寧な字で、
名前と住所を記入します。

必ず自分で書きましょう。

まとめ

大切な友人の結婚式に
出席するのはとても喜ばしく、
自分も幸せな気分になりますよね。

そんな結婚式に参列する際の
受付に関するマナーをご紹介しました。

たかが受付と思いがちですが、
受付1つをとっても様々なマナーがあります。

参列者として、大人として、
正しいマナーを身につけて
結婚式に出席してくださいね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事