ハワイで結婚式を挙げる
お友達からの届いた結婚式の招待状。

幸せいっぱいの結婚式に
参列するとなると、
とても楽しみでわくわくした
気分になりますよね?

スポンサーリンク

しかし楽しみである一方、
参加する側からすると
まず気になるのが交通費と
ご祝儀など金銭面ではないでしょうか?

今回は海外ウェディングに参列する際の
旅費やご祝儀についてご紹介します。

海外までの旅費は自費?それに加えご祝儀もあげるもの?

005e463a4fa1996583362c5ff6c2a78f_s

ゲストからすると、
一番気になる点ですよね。

一般的には以下の
2パターンが考えられます。

1、新郎新婦がゲストの旅費を負担し、
ゲストからのご祝儀を受け取る

2、海外までの旅費はゲストの負担、
ご祝儀は辞退する

新郎新婦の本音としては・・・

新郎新婦の都合により
遠い外国で式を挙げ、
ゲストにも休みを取って
来てもらうのだから
せめて旅費は新郎新婦が負担し、
旅行気分で楽しんでほしい。

しかし、参列者全員分の
旅費を全て負担するのは予算的にも
かなり厳しいものがあります。

そこで、海外ウェディングをする際は
多く新郎新婦が選択するのは
2番の旅費はゲスト負担、
ご祝儀は辞退するという方法です。

わざわざ、休みを取って
旅費もゲスト負担で結婚式に
参列してくれる事自体が
お祝いしてくれている事なので、
その上ご祝儀までは頂けない
という考えですね。

自己負担で行くのが困難な場合は?

ご祝儀はないとしても
海外までの旅費はかなりの
金額を想像できます。

なので、旅費は自己負担になりますが
それでもお祝いと旅行気分で
来ていただけるなら
是非参加してくださいという
出席は強制的な物ではありません。

もし自己負担で行く事が困難な場合は、
欠席を選択するのも問題ありません。

新郎新婦が旅費を負担する場合

新郎新婦が旅費
負担してくれる場合は
もちろんご祝儀は必要です。

その場合の金額は、
基本的に国内で結婚式を挙げる場合の
ご祝儀と同額で問題ありません。

ただ、旅費を負担してもらう場合は
かなりの高額な旅費を
負担している事になるため
一般的なご祝儀に+プレゼント
金額に色をつけると良いかもしれません。

せっかくの結婚式、何もしないのはちょっと・・・

4731388c430ea6f9ef42a74765bbaaff_s

ゲストが旅費を負担して、
ご祝儀を渡さない場合でも
何もなしではちょっと・・・

と考える場合も同様に、
帰国後に1万円程度の
プレゼントなどを渡すと良いですね。

ご祝儀プレゼントを渡す場合は、
必ず日本国内で渡しましょう。

海外で渡してしまうと、
多額の現金や荷物を
持ち歩くのはとても危険です。

スポンサーリンク

まとめ

誰もが夢である海外ウェディング

招待されるゲストとしても
とても楽しみで
わくわくしちゃいますよね?

しかし、実際は旅費の負担など
そう簡単に出席できる訳でもありません。

出席する事が現実的に無理な場合は
欠席するのも1つの選択です。

新郎新婦からしても、
日程的にも金銭的にもゲストの
負担が大きい事はわかっていますので、
あまり気を使わずに決めてくださいね。

ご祝儀についても、
相手を思いやる気持ちです。

決まったルールや
マナーはありませんので、
お祝する気持ちで
お返しすると良いですね。

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。

冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事