突然ですが、あなたは
「参列」「列席」
の言葉の意味の違いを
知っていますか?

スポンサーリンク

結婚式披露宴に限らず、
この二つの言葉は
人が集まる所で使われる言葉で
耳にした事はありますよね?

しかし、意外と
知っている人が少ない
「参列」「列席」
の意味の違い。

結婚式の司会者などは
もちろんこの言葉をうまく
使い分ける事ができるでしょうが、
普通の人であれば
日常で頻繁に使う言葉ではないですし、
なかなか区別つきませんよね?

なんとなく・・・漠然としたイメージは
あるかと思いますが、
今回は「参列」「列席」
言葉の意味の違いについて
調べてみました。

「参列」と「列席」、辞書で調べてみたら・・・

d53ec80d0e1077e067678f05adbda761_s

参列と列席をそれぞれ
辞書で調べてみると、

参列参加者側から見た言い方

列席主催者側から見た言い方

となっています。

どちらも式など人があつまる会に
参加するという意味を持っていますが、
イマイチわかりませんね。

スポンサーリンク

「参列」と「列席」の使い分け方

私もそうですが、
一般的に参列と言うと
お葬式を連想しませんか?

なので、お祝事である結婚式では
列席という言葉を
使うのが良いとされています。

確かに、テレビなどで
芸能人の告別式を放送される際、
「○○さんが参列されました」
と参列という言葉を使って
言っていますよね。

言葉の持つイメージを大切に

9cdf9f9790ba3ba02e7388111c16861a_s

本来の意味としては
上記でも記した通りですが、
結婚式に限っては
参加者や新郎新婦、親族が
気持ちよく式を進めていける言葉として
列席を使うのが
好ましいという事ですね。

使い分けのポイント

司会の方も様々なゲストを
お招きする主催者側の人なので、
列席を使用するのが
正しい使い方となります。

来賓のあいさつをする際には、
自分は参加者の1人であるため
参列を使うのが正しい事になります。

二次会などで、
司会を頼まれた場合
自分は司会という立場で
主催者でもあり、新郎新婦を祝う
参加者でもあるため
どちらを使っても
間違いではありません。

まとめ

「参列」と「列席」も普段の会話では
なかなか使う言葉ではありません。

しかし、いざ結婚式で
スピーチを頼まれた際など、
どちらを使ったらよいのか
悩む事のないように、
知っておくと便利ですね。

日常の中で気にしない事でも、
結婚式などの行事では
直面するマナーやルール
というものが存在します。

結婚式に出席する際に、
恥ずかしい思いをしないためにも
大人として最低限のマナーを
身につけておきたいものですね。

これを機に結婚式に関しての
マナーを一度
見直してみてはいかがでしょうか?

これからも、私が実際に体験したこと、

知らずにいて「へ~!」と思ったことを
忘れないようにまとめていきます。

この記事が少しでも
役に立ちましたら
こちらをポチッと押してもえらえると
嬉しいです。


冠婚葬祭 ブログランキングへ

スポンサーリンク
おすすめの記事